旅行情報なら関西発 ええ旅通信


~大阪のスタッフが関西人の目線でお届けします!~ 関西発 ええ旅通信

佐渡島に行ってきました!(2日目)

先週ご紹介した、佐渡島での2日目の記事です

まずは今回お世話になった相川温泉「ホテル吾妻」さんにて朝食
(いきなり朝食の写真を撮り忘れていることに今気づきました…)
さすが新潟、お米がおいしい
稀少な海藻「いご草」を使った郷土料理「いごねり」もいただきました
(…って、写真がないとやっぱり伝わらないですね…)

Dsc_0079さて、ホテルを後にして
最初に向かったのは宿根木という集落

かつて、日本海海運の花形、北前船の
寄港地として栄えた町だそうです。
国重要伝統的建造物群保存地区に
指定されており、とても趣きのある街並み

曲がりくねった細い道沿いにたくさんの家が
建っているのですが、これらは船大工さんの
手によるものだそうで、いまも実際に
暮されているおうちもあるそうです。

一般公開されている民家や、
建物を利用したカフェもありましたよ
一日数組限定で泊まれるのお宿もあるとか


さて、次に訪れたのは「佐渡歴史伝説館」
佐渡の歴史をロボットやジオラマで再現し、佐渡の歴史を知ることができる
見ごたえのある施設です 民話の読み聞かせなどもされているそうですよ

さて、この後はいよいよ砂金採り体験、そしてたらい舟体験

Sakintori_2まずは「西三川ゴールドーパーク」
佐渡と言えば、砂金採りですよね~

「砂金取るぞー」って意気込んで
行くのですが(笑)その前に、展示館で改めて
佐渡の金山の歴史や金について学びます
(だいたいみなさん入ってすぐ金を取るつもりで
 来られるみたいです。笑)


施設で採るコースと、川で採るコースがあり、
今回は施設の方で体験させていただきました。

専用のトレイのようなものに川底の砂利をぐっと
すくい、水の中で砂利を洗い流すと、
比重の重い砂金がトレイの底に残る、という…
砂金って小さなものなので、思いっきり揺すると
流れてしまいそうな気がしてしまうのですが、
実はとても重みがあるそうで、しっかり揺すって
砂利と分離、底に沈ませるのがコツだそう

揺すり方の加減が意外と難しくって、気が付けばみんな無口(笑)
採った砂金はお持ち帰りです

さて、採った砂金を持ち(笑)次はたらい舟体験Dsc_0087
佐渡と言えば、たらい舟もですよね~

なんとなく、簡単にひっくり返ってしまいそうな
イメージがありましたが
海女さん(?)がきちんとバランスを取って
くださるので心配ありません
立ち上がって漕ぐこともできます
立ち上がるとさすがにバランスが取りにくいので、私は立ってる間中ずっとコートの裾を掴んでもらっていました

たらい舟の後は昼食を挟み、ついに最後の視察場所「トキの森公園」
Dsc_0089トキの様子を間近で見ることができます
トキを見るのはもちろん初めてですが、
実際に見てみるととてもキレイな朱鷺色

トキはとても臆病な鳥だそうですが、ここでは
トキたちが暮らす施設をマジックミラーで囲み、
トキたちを驚かせることなく観察できます

2階にはトキについての資料が展示されており、
トキについて学ぶこともできます。

この後、道路脇などになんとなくトキっぽい鳥(トキではなく恐らくサギ)が見えると
「あっあれトキじゃない」ってみんななってました…

さて、島内視察の報告は以上です
いかがでしょうか、佐渡の魅力は伝わったでしょうか
自然・味覚・歴史と魅力いっぱいの佐渡へぜひおでかけください
北陸新幹線は3月14日(土)開業です

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム
名前:
メールアドレス:
内容:

サブコンテンツ


ページの先頭へ