旅行情報なら関西発 ええ旅通信


~大阪のスタッフが関西人の目線でお届けします!~ 関西発 ええ旅通信

行楽シーズンにいちおし!台湾1泊2日ツアー

関西Webセンター上田です☆

ビールのおいしい季節もすっかり過ぎてしまい、、、。
涼しい行楽の秋がやってきましたね(o´ω`o)heart01

そんな行楽シーズン突入にあたりましてsign03アジアいちおしツアーをオススメしますnote
なんとこの度2日間~3日間という短期間で海外を満喫できるプランが続々と発売されています☆
中でも、人気のsign03shine台湾1泊2日ツアーshinesign03

■ミニ旅台北 2日間 yen49,800~


Photo


忘年会・新年会・女子旅・親子旅など
時間がなかなか合わないけど2日間だけだったら行けるかもっ(*´艸`*)

Web予約でスムーズに手続きができます☆

その他、気軽に何度でも行けるミニ旅でたくさん楽しんでくださいnotenote

■2~4日で行ける海外ツアー特集はこちら

天国に一番近い島ニューカレドニア

はじめまして!森田と申します。
今回は私の大好きな国「ニューカレドニア」をご紹介します。

Ilp3

南半球にあるフランス領のこの国は、「ハネムーナーにも憧れのリゾート」と称されますが
よく比較されるタヒチやモルディブに比べると、正直豪華さには欠けます。
それでも、あえておすすめしたい理由があります!
先住民のメラネシア人の気質がとってもいい!!
そして、なんともいえない南仏ようにのんびりした雰囲気。

Ov

あれは多分、行ってみないとわからない独特の雰囲気なのです。(言葉では言い表せません。是非体感してください)。
本島(グランドテール島)の首都、ヌメア自体は南仏の田舎の海辺の町といった感じですが、もともと鉱石の産地なので、実は海はそれなりなのです。


1

Photo_7


須磨よりはキレイかな… 泳いでいる人もいますけれどね…
ヌメアは海というより、南仏っぽい街並みを楽しむ方がいいので、特に女子旅にオススメです。ハネムーンで行くなら断然海もきれいな離島をオススメします。
ということで、


おすすめ№1 ウベア島

Photo

映画「天国に一番近い島」の舞台となった、ウベア島は、ご覧の通りの白砂のビーチが延々と続きます。私が訪れた日は、あいにくの曇り空でした。それでもビーチは驚きの輝きを放ち、もう眩くて眩しくて…。

Photo_2


曇りでも日差しはきつく、日焼け止めもしっかり塗りたくりました。
ウベア島で宿泊するなら、絶対ここ!「パラディ・ド・ウベア」
海沿いのバンガロータイプの客室で、夜に聞こえてくるのは、波の音だけです。

Photo_9

因みに、小説「天国に一番近い島」の舞台となった、このウベアには未だに酋長さんというのが居て、観光するのに酋長さんの許可がいるところなどがあります。なので、観光にはガイドさん同行のツアーがおすすめです。

Photo_10


Photo_11


おすすめ№2 イル・デ・パン

次におすすめは、やはり離島。海の宝石箱と言われる「イル・デ・パン」です。

Photo_3

ガイドブックに載っている数々の美しいビーチはもちろん、「ル・メリディアン・ヌメア」のホテルのプライベートビーチも、遠浅でこの透明度!

Ilp4



宿泊するなら、やっぱり「ル・メリディアン・イル・デ・パン」がオススメです。
お部屋は絶対デラックスバンガロースイートのラグーンフロント!


Ilpbglste

もうひとつ、ハネムーナー向けとして、よく紹介される水上バンガローのある「メトル島」についてお話します。

2

ウベアやイルデパンはヌメアから飛行機で移動しなければなりませんが、ここは船で楽に移動でき、ちょっとした離島気分が味わえるところが魅力です。

Photo_8


水上バンガローなので、部屋から海へドボンも可能。


Photo_4


但し、タヒチやモルディブのそれに比べると若干「なんちゃって…」なところはあります。
※あくまでも個人的な意見ですのでご容赦くださいませ。

最後に…
なぜ、私がこの国にはまったのか!?
その昔、映画の原案にもなった「天国に一番近い島」という小説がありました。

Photo_5

既に絶版になっている文庫本を古本屋で見つけた私は、電車での移動時間に夢中になって一気に読みました。感動した私は、電車の中なのに、涙が止まらず。その時に「絶対に行きたい」と思ったのです。それから数回訪問しましたが、いつも裏切られることのない心地よさ。フランス人と先住民のメラネシアンの文化が融合して穏やかに暮らし、ゆったりとした時間が流れています。

Photo_6

小説は今や、古本でしか手に入りませんが、是非是非、読んでから行かれることをオススメします。(映画はDVDになっています)

南半球にあるニューカレドニアはこれからがベストシーズンです!!

■関空発ニューカレドニアツアーはこちら

ダイバーじゃなくても楽しめる!世界遺産パラオの海を満喫してきました!

海外担当の佐々木ですsign01

先週末、遅めの夏休みを取ってパラオに行ってきましたsun

今年4月に天皇陛下がご訪問されたことで話題にもなりましたが、
出発前は「パラオってどこにあるん?」とみんなに聞かれまくりました…

関空からはグアムで乗り継ぎ、位置的にはフィリピンの東(地図上では右)くらい。
何と、日本との時差はありません!
そんなパラオ共和国についてレポートしたいと思います。

何で旅行先にパラオを選んだのか?
「関西から4日くらいで行ける」という理由もありましたが、
わたしにとっての決め手は…

ダイビングライセンスを持っている
ハワイ企画担当者&ミクロネシア企画担当者
「今まで行った海の中で一番きれいでした!」

そう、パラオといえばダイバーにはとても有名!
海がめっっっっっっちゃきれいなんです!

Dsc00272_2

でも、ダイバーじゃなきゃ楽しめないんじゃないの?gawk

と、ライセンスを持っていないわたしは思っていましたが…

全然まったくそんなことはありませんでした!

パラオの海はきれいなことももちろんですが…
今までわたしがいろいろと行ってきたビーチの中でもとにかく、不思議!!!
この一言に尽きました!

その不思議な海を一日で体験できるのが
「スペシャルロックアイランドハイライトツアー」
というオプショナルツアー。

このツアーで巡るスポットをご紹介down

港からスピードボートで約30分くらい、
島々の間にある「ミルキーウェイ」は
海の底に美白効果のある泥が沈んでいます!

Dsc00032

そして、全身に塗ります!

Dsc00037


効果のほどは……?
残念ながらこの日一日ですっかり日焼けをして、さっぱりわかりませんでしたsweat02


きれいな海でシュノーケルもできます!

Dsc00094

これはガイドさんが潜って撮ってくれましたheart01

そうそう、せっかく行くなら楽しかった思い出をそのまま持って帰りたいですよねwink
防水カメラを持っていくとツアーがもっと楽しくなります!
Dsc00070

防水インスタントカメラなら27枚撮りで1000円くらい、
安い防水デジカメなら1万円台、
普段も使えるコンパクトな防水デジカメなら3万円前後で購入可能です!
(わたしはこの旅行のために3万円出して買いました!)


無人島のビーチできれいな海を眺めながらお弁当を食べた後は~…

Dsc00164


わたしが一番楽しみにしていた場所へsign03
船で島に到着して、山道を上って下りて歩くこと約10分…

世界的にも珍しいクラゲと泳げる湖「ジェリーフィッシュレイク」がこちらdown


Dsc00218

Dsc00199



ほとんど毒性のないクラゲなので、ぷにぷにさわっても大丈夫note

Dsc00189


クラゲが大好きなわたし…行ってよかった……confidentheart04heart04


そして最後に「ロングビーチ」へ。

ビーチ?どこにもないやん……

Dsc00265

と思っているとみるみるうちに潮が引いて……sign02

Dsc00298



いかがでしたか?
パラオの不思議な海の魅力、伝わりましたか?
この海は2012年に世界遺産にも登録されているんですよflair

このツアーはシュノーケルさえできれば誰でも回ることができます!
ライフジャケットやガイドさんもついているので安心note
わたしたち女子グループの他に、新婚旅行のカップル、男子二人組、小さなお子様連れなどなど、いろんな方が参加してらっしゃいましたhappy02


実はこの他にも「ナイトカヤックツアー」でしか見ることのできない
不思議な体験もしたんですが……
写真が撮れないためここではご紹介できないので……
ぜひ、皆様も現地に行って体験してみてくださいsign03

おすすめツアーはこちらdown

■世界遺産をめぐるパラオ 4日間 yen182,000~

乗ってよかった!人気観光列車しまかぜで伊勢志摩へ

はじめまして!「ええ旅通信」初登場の河本です。

ご挨拶がわりに最近私がハマっていることをご紹介いたします!
それは・・・
いま話題の、観光列車に乗って一人で気ままに出かけることです♪
先日、日帰りで伊勢神宮へ行ってきました。
その時に乗ったのが、近鉄の人気観光列車“しまかぜ”

Photo


しまかぜは鉄道スペシャリストが選ぶ観光列車ランキングの「車内を愉しむ部門」で
shine見事1位shineに選ばれました!
近鉄が「乗ること自体を愉しめて、何度でも乗りたくなる列車を」と3年のもの
年月をかけて完成させた最高のおもてなし列車です。

乗車すると志摩の海をイメージしたブルーグリーンの壁と、天井の照明からこぼれる
明るい光が開放感を演出!旅へのワクワク感が高まります。
車内には自由に使えるコインロッカーや三面鏡が設置されたパウダールームなど・・
ありそうでなかった設備が充実。
座席もなんと本革張りのシート!リクライニング・レッグレスト・エアクッションも
電動操作で調節できて、一度座ると立ち上がりたくなくなるほど座り心地も抜群。

Photo_3

また、和風と洋風の個室もあって家族旅行にもおススメ!

一押しは誰でも利用できる2階建てのカフェ車両
海側を向いたカウンター席で食べる海の幸ピラフが美味しかったです

Photo_4

カフェ車両は営業時間後に満席になりますが、伊勢市駅や宇治山田駅で降りる
人が多いので、伊勢市駅の到着前くらいが狙い目です!
運がよければ、2階のカフェ席から鳥羽の海を眺められるかも!

車内で配られる記念乗車証とおしぼり。
ちょっとした心配りも嬉しいおもてなしのひとつです。

Photo_2

2時間余りで下車するのがもったいなく思えるほど快適なしまかぜ。
貸切プランもご用意しております。ぜひ一度おもてなしを体験
してみてください。

danger本日現在、空席わずかとなっております。ご予約はお早めに!

【11/11(水)出発限定!観光特急「しまかぜ」で行く伊勢志摩への旅 日帰りプラン】
お伊勢さん観光案内人とめぐる伊勢神宮両宮参り

サブコンテンツ


ページの先頭へ