旅行情報なら関西発 ええ旅通信


~大阪のスタッフが関西人の目線でお届けします!~ 関西発 ええ旅通信

元・名古屋人スタッフが教えます!ファミリー・学生・女子におすすめしたい名古屋の遊び方

こんにちは!岩崎です。
暖冬と言われているのに、ここ数日はどえらい寒い日が続いていますね
毎朝自転車で坂を下るんですが、今日は手袋を忘れて手がかじかんでいました(*_*)
わたしの地元の名古屋は昨日も雪が降ったみたいデス。

名古屋と言えばっ!お得な特典が付いたプランが、たいへんご好評いただいているんです!!
なごやめしがここ数年注目を浴びておりましたが、
家族連れの方にもオススメのスポットも意外と多いんですよ♪


*東山動物園
最近はイケメンゴリラがいることで話題になってます!
もちろん花形の動物たちもたくさんいますし、コアラもいますよ~。
この動物園は小さいお子様連れにも優しく、授乳室やおむつ替えスペースもたくさんあり、
紙おむつの販売まであるんです。
園内は動物園と植物園をモノレールで移動もできてとっても便利です!

Photo_5

*名古屋市科学館
こちらには2011年にリニューアルされた世界最大のプラネタリウムがあります!
リニューアル当時はどえらい混んでいて、数時間待ちになっていたとか…
一度行く価値アリです!!
こちらはプラネタリウム以外にも見どころはたくさんあり、
一日中遊んでも大人こども問わず、楽しむことができます。
わたしも子供のころから何度も訪れていますよ~

Photo_6


*リニア鉄道館
リニア鉄道館は、JR東海が新幹線の新旧を実物大で展示している施設です。
間近で車両を見ることができて、多くの車両は車内にも入れます!
新幹線以外にも古い車両も展示されており、鉄道好きじゃなくても充分楽しんでいただけます!
電車好きのお子様には持ってこいです

Photo_10


あともうひとつ!
個人的にとてもオススメしておきたいのが、犬山のリトルワールドです♪
(名古屋から名鉄電車とバスで約1時間ぐらいで行けます)
なんだそれ?とご存じない方もいらっしゃると思いますが、こちらは“野外民族博物館”。
そうです、一日でプチ海外旅行が楽しめます!
わたしも子供のころはもちろん、大人になってからも何度も訪れました。
園内を一周歩いて回れば、世界各地の民家を見て回ることができ、世界のグルメも味わえます。
また、大人も子供も民族衣装を着ることもできるんですよ~。
名古屋には何度も行っている方はぜひ犬山まで足を伸ばしてみてくださいね!


Photo_7

Photo_8


もちろんグルメだって、みそかつ・あんかけパスタ・ひつまぶし・手羽先・きしめんなどなど
とても1泊2日では食べきれないほど、名物がたくさんあります。


Photo_9


メイトのプランでは、手羽先、どて味噌串カツ、揚げまん棒またはハイカラモナカ、ういろうの4つの特典がついてきます!
家族旅行や卒業旅行、女子旅やひとり旅にも♪
この冬はぜひ名古屋を訪れてみてくださいね☆

<おすすめプラン>

■近鉄特急で行く名古屋 2日間 yen9,000~

■テーマパークで遊べる宿♪】近鉄特急で行く名古屋・リトルワールド 2日間 yen11,700~

九州新幹線さくらで霧島&指宿温泉2泊3日の旅

こんにちは、木村です。

先日、霧島温泉&指宿温泉へ癒しの旅へ行って来ました!!
先ずは、新大阪から直通の九州新幹線さくら号で鹿児島中央へbullettrain
4時間ちょっとの乗車も、普通指定席は広々で疲れも余り感じませんよ♪

ちなみに、みずほ号なら約3時間45分で行けちゃいますshine
鹿児島中央からはレンタカーを借りてパワースポット霧島神宮へ。
坂本龍馬と妻おりょうの新婚旅行の地がここ霧島であったことは有名な話。

日本でいちばん初めに新婚旅行に行ったと言われていますheart01
眺めが抜群な、「霧島神宮展望台」は、お天気が良ければ、桜島や開聞岳も見ることが出来ます。
Photo_13

パワーを頂いた後は、ほっこり温泉へspa
霧島温泉は、2015年の九州の人気観光地ランキングで、見事第5位に輝いた人気の温泉地。
大きく分けて4つの温泉郷からなり、泉質は単純温泉、硫黄泉、明礬泉など、バリエーション豊富。
絶景や渓流露天、風情ある湯治場など趣様々で、効能や好みで湯巡りを楽しむことができるのも大きな魅力のひとつです。
Photo_14 2   
霧島から国分へ行き、220号線の海沿いの道は、桜島を眺めながらのドライブで、気分爽快です。途中の道の駅では、ホッと一息足湯も楽しめます。
Photo_16
 
桜島フェリーターミナルへ向かう224号線の桜島溶岩道路は南国ムード満載です。
鹿児島市内に向かうにはフェリーを利用するのも、ちょっとした船旅も味わえ、時間短縮出来てお勧めです。
Photo_19
Photo_17
 

鹿児島港から指宿までは市内を抜け226号線をドライブ。
長崎鼻は薩摩半島の最南端に突き出た岬。海越しに眺める開聞岳の山容も美しく、天気が良い日は屋久島や硫黄島まで見ることができます。
長崎鼻灯台の手前、浦島太郎と乙姫様が出会った竜宮伝説発祥の地にあり、縁結びや海の神様として信仰を集めている。ここで貝殻に願いを書いて壷に入て奉納すると素敵な出会いがあるといわれています。
Photo_20

奉納が終われば、砂むし温泉で有名な指宿温泉へspa
指宿温泉は、薩摩半島の東南に位置し、海岸沿いのフェニックスやヤシの木が南国ムードをかもし出しており、豊富な湯量に恵まれ、市内いたる所から湧き出る源泉は約800在ると言われてます。

名物の天然砂むし風呂は、海岸の砂浜で砂をかぶるユニークな入浴法。泉質はナトリウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛に効き、エステ効果もあると女性に人気ですhappy01


Photo_15

指宿から鹿児島中央へは、特急いぶすきの玉手箱もお勧めです。
寒い冬は、あったかい九州温泉三昧は如何ですか?

<おすすめプラン>

【選べるホテル全36軒】JRで行く!九州 アラカルトプラン 2日間yen19,800~

キラキラ夜景と絶品グルメに感動!函館へ行ってきました

こんにちは!河本です。

年末年始のお休みを利用して北海道・函館へ出かけてきました。
この寒いのにわざわざ北海道まで行かなくとも……と思われそうですが、
実は函館には行ったことがなく、絶景の夜景と新鮮な魚介類の食事を満喫したくて極寒の北海道へ飛び立ちました!

現地の方がおっしゃるには今年はかなり暖冬らしく、雪も例年に比べると少ない様でした。
が!!本州から来た私には、海からの吹きさらしの風が冷たく、歩道の凍結した雪で何度も滑ってこけそうになりました……
皆さま冬の北海道へ行くときは服装と足元の装備をしっかりと整えて下さいね!

今回宿泊したホテルは“ラビスタ函館ベイ”。
朝食の美味しいホテル 北海道1位crownに選ばれたホテルに宿泊するのが、今回の旅の一番の目的。
いくらやサーモン、やりいか、甘エビなど自分で好きな具材を好きなだけ盛り放題の名物“海鮮丼”で朝からお腹も気持ちも満たされます!
(和食が苦手な方には洋食のバイキングコーナーも充実しているのでご安心ください。)

Photo

2


8:00前後はかなり朝食会場も混み合うので、ちょっと早起きをおすすめ。7:00過ぎのご利用であれば待たずに席まで案内してもらえますよ!
また最上階の函館市内を見下ろせる露天風呂もとっても良いお湯でした♪
金森赤レンガ倉庫群や函館ベイ美食倶楽部が隣接しているので、観光にもとっても便利です!

翌日は現地のガイドさんと一緒に函館街歩きツアーへrun
函館の街は石畳の坂道が多いのですが、すごく道幅が広くて真っ直ぐなんですよね。
坂道の上からの眺めは本当に心が洗われるぐらいキレイでした。
これには理由があるんです!
実は明治時代から幾度となく街を襲った大火によって、多くの人と家屋を失った経験から、道路は入り組まず真っ直ぐに道幅も広くして延焼を阻止しようという、防衛策から生まれたものらしいのです。
そんなブラタモリ的な??ガイドさんの話を聞きながらの街歩きは、自分たちだけで観光するよりも何倍も函館の歴史的な魅力を知るきっかけとなりました。
ガイドの高橋さん、ありがとうございました♪

そして、クライマックスは函館の夜景観賞!
125人乗りのロープウェイで山頂まで約3分で到着。
函館山の山頂334mの展望台からの夜景は宝石箱をひっくり返したような美しさ!
季節によって様々な美しさを見せてくれます。


Photo_2


Photo_3


またよく晴れた昼間は津軽海峡、青森の下北半島まで見渡すことが出来るそうです。
今度は五稜郭の桜を見に行こうかと計画中です。


3月にはいよいよ北海道新幹線も開業します!
今年は北海道の注目度がさらに上がるハズ!
近畿日本ツーリストのおススメプランはこちら
今なら北海道旅行券認定ツアーでお得に行けちゃいます。

九州新幹線さくら号で行くハウステンボス・軍艦島・長崎の旅

山崎です。
今年もよろしくお願いいたします。

今回は、ハウステンボス・軍艦島・長崎3日間行ってまいりました。

まずは、さくら号に乗車しました。初めて乗車しましたが、
指定席車両の座席がすごくゆったりとしていて
長時間の移動も全くお尻が痛くなることなく(笑)
すごくおすすめですsign03

Photo_2

ハウステンボスには3時頃に到着しました。
この時間はまだ、明るくて景色を楽しみながら散策しました。


Photo_3


この時期のハウステンボスのおすすめは何といっても、イルミネーションです。
高さ日本一の滝・マッピングショー・、運河クルーズに乗りながら園内1周もおすすめです。
昼と全く違う景色には感動しました。

Photo_4


翌日は朝から長崎へ移動しました。
お昼から、明治日本の産業革命遺産【軍艦島上陸周遊クルーズ】に乗船しました。
船はほとんど揺れることもありませんでした。

その他、三菱長崎造船所 第三船渠やジャイアント・カンチレバークレーンなども見れます。
座席のおすすめは二階【右側】です。景色はすべて右手に見えます。

Photo_8

Photo_9


上陸後は、見学スポットが決まっています。ガイドさんの説明とともに観光できます。
下船時には何と、軍艦島上陸証明書がもらえます。


Photo_5


長崎での観光は路面電車が便利です。1日乗車券500円です。主要な観光地は路面電車で移動可能です。
また、大浦天主堂やグラバー園・中華街もライトアップされています。

Photo_6


中華街では長崎グルメ(ちゃんぽん・皿うどん・角煮まんじゅう)などがまとめて食べられます。

Photo_7


是非、この冬はハウステンボス・長崎へ旅行をしてみませんか?


<おすすめツアー>

ハウステンボス散策チケット(1日券)付 ハウステンボス&長崎スペシャル 3日間

サブコンテンツ


ページの先頭へ