旅行情報なら関西発 ええ旅通信


~大阪のスタッフが関西人の目線でお届けします!~ 関西発 ええ旅通信

台湾女子旅 グルメ旅

初めまして、橋本と申します。
わたし今回がブログ、お初です。

ブログデビューです(=´∀`)人(´∀`=)

乱文ですが、何卒宜しくお願いします。


さっそくではありますが、私、昨日一昨日と1泊2日で友だち3人で女子旅台湾に行ってきましたairplane
私ともう1人は2度目の台湾の台北という事もあり、フリープランで行ってきましたhappy01
でもそれも10年前くらいで添乗員さん付きのコースでした。
今回は自分たちだけで色々調べて行動しなければいけません。


交通費もすごく安くすむので、
(2016年現在で1tw$=約3円で換算しました)
タクシー初乗りで70tW$(約210円)、地下鉄でもだいたい20tw$~25tw$(60円~75円)
動きまくった結果、なかなかハチャメチャな女子旅になりました  (。-∀-) ♪


その前に、まず!女子旅にかかせないのが共同財布。みなさん作ってますか?
女子旅なんかはご飯食べる時にシェアして食べる事が多いですが、
レジで誰かが全部払って後で割り勘って、結構ややこしいでしょ?
なので私たちは現地通貨に両替した際にお互い何円かずつ(今回は〇〇台湾ドルずつ)徴収して、
1つのポーチか財布にまとめていれておきます。

そしてみんなで食事した時やタクシーに乗った時にそこからお金を出すんです。
そしたら、ややこしくないし不公平もでないでしょ(=゚ω゚)?
少なくなったらまた皆んなで同額継ぎ足したらオッケーgood


そんなこんなで今回、台湾ではたくさん美味しいもの食べてきましたーnoodle
まず、有名どころでは鼎泰豐に行きました。
ベタなのはわかっていますが、外せません。
本店にオープン直前に着くとそこまで混んでおらず、待ち時間10分足らずで入店できました。
メニューも日本語対応なのでスタッフさんも慣れてはるから、安心です。


Photo_3


やっぱり本場の小籠包、出来立ては違いますね。
日本では6個で908円するのが、本場では、10個で210台湾ドル(約630円!)
 

Photo_2

空芯菜の炒め物。
ニンニクがきいていて、歩き疲れた身体に持ってこいです。
あとは炒飯にパリッパリの焼き餃子もペロリと食べてしまいました。
私たちが出た時にはすごい人の行列ができていました~delicious


あとは私が一番気に入ったのが、
台湾の一般的な朝食「鹹豆漿(シェントウジャン)」が食べられる、
行列必至の人気店「阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)」up

Photo_4

鹹豆漿とは、豆乳がおぼろ豆腐のようなになっているスープで、
これに「油條(ヨウティアオ:揚げパン)」をつけて食べると、
もう、それはそれは感動の美味しさです!


厚餅夾蛋(ホウピンジャータン)玉子焼きいりトーストのようなものもあり、
トースト部分がちょい甘で、絶品でしたheart04

ちなみに、このお店は建物の2階にあるフードコートの1部なのですが、
私たちが7時前に着いた時には、すでに1階の建物の外にまで行列ができていました(@_@;)
でも、回転が早いため、待つこと30分で店内へ入れます。
食べたいものはメモなんかに予め書いて受付で渡すと、すごくスムーズに進めます。


あーもっとたくさんお話したいのですが、
ダラダラ書くのとダメなので簡単にサクサクっと紹介を。


皆さんご存知、士林夜市にも行きましたよ ( ´・∀・)ノ
平日という事もあり、そこまでごった返してはいませんでしたが、なかなか賑わっておりました。
そこでもやっぱり歩いていると匂いにつられて食べちゃいました。

Photo_5
トロトロの餡かけニュウメンみたいな大腸麺線に、甘いサツマイモボール(ドーナッツのようなもの)、檸檬愛玉(オーギョーチ入り檸檬ジュース)、後は新鮮な南国フルーツなんかもお気軽に楽しめちゃいます!


あとは、デザートで豆花も食べに行きました*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
有名店の「古早味豆花」は私たちが行った時はまだオープン前という事もあり、
近くにあった「豆花荘」というところに行きました。
甘すぎず、暑い季節につるんとした喉ごしがヤミツキです。


Photo_6

 
最初から最後まで食べ物の話しかできませんでしたが、台湾にはもっと素敵な魅力がたくさんあります。

街並みなんか、古いものが残っていて趣があるので、どこを撮っても絵になります。

カメラ女子にはたまらないと思います。

Photo_7


そんな台湾に行くのなら、

【女子友たび・台湾】 迷ったらこのコースに決まり! 
◆チャイナエアライン利用◆

が断然おすすめです。このコースなら、今回時間の都合で行けず、泣く泣くあきらめた九ふん観光もついているし、最終日の午前中はフリーです☆
でも、9月までの出発なので、それ以外の方なら・・・

 


なんてどうですか?
非常に効率よく、台湾の見どころを回っていただけるように組まれている商品です。


あとは、私みたいに仲良い友達3人で行きたいなという方は、

がオススメです。
というか、私がこれ行きたかった・・・。
正ベッド3台確約で、しかも私が飲みそこねた台湾フルーツビールがついてきます!

他にもたくさん商品がございますので、
一度弊社のホームページ覗いてみてくださいね“ヘ(゚▽゚*)

サブコンテンツ


ページの先頭へ