旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« インターネット限定の旅 その2 | トップページ | 世界の世界遺産を訪ねる旅 »

2006年5月 3日 (水)

八重山諸島の八重干瀬を見よう!

八重干瀬(やびじ)って何だろう?

八重干瀬 珊瑚礁の海から幻の大陸が浮上する八重干瀬。沖縄の宮古諸島と池間島の北沖5~15kmにある、大小100余りのサンゴ礁群が年に数回浮上します。

南北10km、東西6.5kmに散在する、ダイバーはもちろん、観光客の憧れの場所で日本最大のサンゴ礁です。干潮時には最大1mほど海面に顔を出します。

面積は宮古島の10分の1にもなり、暗礁や礁斜面まで加えると、その面積は宮古島の3分の1にも達すると言われています。地元の漁師たちは地形や海産物などにちなんでリーフに名前をつけ、海図のない時代から正確な地形を把握したといわれています。

そこで、この八重干瀬を見に行くツアーなのですが、沖合にあるため非常に風の影響を受けやすく、個人ではなかなか見に行く事が出来ないのです。

今回、近畿日本ツーリストのメイトでは、ツアー専用の観光船をチャーターして八重干瀬観光と南の海のクールジングを実現しました。6月11日限定のツアーです。ぜひこの機会にご検討ください

宮古島


宮古島ツアーから検索してください 各地発着

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ページの先頭へ