旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 人気の東北四大祭りを楽しむツアー | トップページ | 夏の風物詩 七夕祭り »

2006年6月12日 (月)

大自然の島 サハリン&北海道

国内旅行なのか海外旅行なのか迷ってしまうようなツアーです。
素晴らしい大自然と、温かい人々にふれあう旅。ロマン漂う情緒豊かな街並みを訪ねます。サハリンの魅力を存分にお楽しみください。

まず、東京から飛行機で稚内へ飛び、稚内の観光をします。
翌日には船で最も近い外国のサハリン(以前の樺太)へ渡ります。

稚内から見たサハリン ロシア名物の1つ。衣類や日用品、季節の食材など多くの品物が売られており、お土産にも最適。/自由市場 ロシア料理 うまい!

現地ではヨーロッパ調の街並みとロシア料理をご堪能いただけます。なんとロシア式歓迎パーティーも。。。
また、懐かしい「サハリン鉄道」(銀河鉄道の夜の舞台となった)に乗って広大な大地を満喫していただきます。

いくら近くても、パスポートと査証(ビザ)は必要ですので手続きはお早めに!

大自然の島 サハリン&北海道
 (東京発)

大自然の島 サハリン&北海道 (大阪発)

コメント


齊藤さま、コメントありがとうございます。
このツアーでは、コルサコフ(旧大泊)に入り、ユジノサハリンスク(旧豊原)に泊まります。
周辺観光はユジノサハリンスクの南東のトゥナイチャ湖(旧富内湖)やレスノエ(旧落帆)へ。
その後は、サハリン鉄道で北上してブズモーリエ(旧白浦)スタロドブスコエ(旧栄浜)を巡ってユジノサハリンスクに戻ります。

お客様のお住まいだった「樺太留多加郡能登呂村」は、コルサコフ(旧大泊)の南西部になりますので、残念ながら今回のツアーでは訪れません。
アニワ湾(旧亜庭湾)に面していますので、もしかすると行き帰りのフェリーの船上(行きは左側)からご覧いただけるかもしれません。


<ご参考>

稚内市 サハリン情報

樺太行政区画図(個人のページ)

名前: 管理人:ツアープランナー | 2006/06/15 11:15:33

私はサハリン生まれです。
生まれ故郷へ是非たずねてみたいと思います
下記の地方には、行かれますか
戦前の住所「樺太留多加郡能登呂村内砂」です
ご返事を待っています。

名前: 齊藤 和子 | 2006/06/15 6:13:24

この記事へのコメントは終了しました。

ページの先頭へ