旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 九十九里 クリーンハイキング 2006 | トップページ | 映画「あかね空」試写会に会員限定200名様ご招待! »

2007年2月12日 (月)

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

作者のリリー・フランキーさんが母親との半生を綴った小説「東京タワー」。2005年6月28日に発売。2006年には100万部を超え大ベストセラーとなった人気小説です。
その後、次々とドラマ化や映画化されてご覧になった(なっている)人も多いのではないでしょうか。

1.連続ドラマ 東京タワー (現在放映中)
  出演者:速水もこみち、倍賞美津子、泉谷しげる など(敬称略)

2.ドラマ(単発) 東京タワー (2006年11月18日放映) 
  出演者:大泉洋、田中裕子、蟹江敬三 など(敬称略)

3.映画  東京タワー (2007年4月14日公開予定)
  出演者:オダギリジョー、樹木希林、小林薫 など(敬称略)

 ドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 公式サイト 
 映画 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 公式サイト

ロケ地もいろいろで、東京都内、千葉県、福岡県、山梨県、静岡県、埼玉県、宮城県と多岐にわたっていますが、今回は映画版のロケ地である「宮城県栗原市」をご紹介します。

原作の舞台である筑豊の炭鉱町の雰囲気を出すために、栗原市鴬沢にあった「細倉鉱山」に残っている鉱山住宅を使って撮影をしたようです。
もう日本国内にに残っている鉱山社宅は少なく、現存するのは細倉鉱山と夕張炭坑くらいなのだとか。(夕張は自治体の都合で不採用となり細倉鉱山が選ばれたのは、マニアの間では結構有名な話)

セットは老朽化のため取り壊をしする予定ですが、映画の封切りまでは残すと言う情報も!(1月下旬の情報です)
ちょっとレアでマニアックな感じですが、それだけに独占した情報になる可能性もあります。お出掛けの際は、事前の確認をお願いいたします。

お泊まりで行く方は、こけしで有名な鳴子温泉をおすすめします。
近くには、鳴子峡、鬼首間欠泉などがあります。

鳴子温泉の空室状況


鳴子温泉 露天風呂のイメージ 鳴子温泉 露天風呂のイメージ 鳴子温泉 露天風呂のイメージ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ページの先頭へ