旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 東京都 秋期限定スペシャルパスポート 2008 | トップページ | 旅行占い トラベル占い 2008年9月 »

2008年8月16日 (土)

湯村温泉 常磐ホテル

先日、山梨県甲府湯村温泉の常磐ホテルに泊まった時の体験談をお話します。

ことの発端は、子供が1泊2日のサッカー合宿のため約10年ぶりに夫婦二人きりになることになり、家でじっとしてるのも照れくさいので二人で旅行に行くことにしました。

いつもなら子供向けのプールあり、遊び施設あり、バイキングが必須条件なのですが、今回は家族旅行と無縁の大人の旅館にしようということで湯村温泉の常磐ホテルに決定。

甲府湯村の常磐ホテルは、歴代の天皇陛下や皇族の方々がお泊まりになる由緒正しいホテルです。もちろん食事にも定評があり期待が膨らみます。

ということで、学校で子供達の乗ったバスを見送ってからゆっくりと出発。

まずは最初の目的地の昇仙峡に到着。自宅から車で約3時間でした。
甲府はは盆地なので相当暑いのかと思っていたのですが、ここは別世界でした。渓谷はかなり標高が高いのでさわやか。ふもとの市街とは5度以上は違うんじゃないでしょうか。

昇仙峡 仙蛾滝

お腹ペコペコでしたので、近くのお食事処で腹ごしらえ。

山梨といえばほうとうが名物です。
いくら名物でも真夏にほうとう食べる人なんかいるのかなぁ。と思っていてたら大間違い!

観光客と思われる方の大半がアツアツのほうとうを食べていました。

ちょっと安心して家内はほうとうを注文。
店内は涼しかったので食べるのは問題はなさそうです。

私は対抗馬として、夏のほうとうと呼ばれる甲府名物のおざらを注文しました。
おざらは氷で冷やした麺を温かい汁で食べる山梨の夏料理の定番です。
※讃岐うどんで言えば“ヒヤアツ”かな?

名物ほうとう 夏のほうとう?おざら

もちろん、どちらも田舎風の味付けでとっても美味しかったですよ。

その後、しばらく歩いて仙娥滝へ。食事のあとの運動には持って来いの距離です。

途中の宝石屋さんや神社に立ち寄りも楽しい。
家内がハマってしまったのは1回500円の宝石すくい(貴石すくいか?)。

砂の中からザルで宝石を探すのですがこれが案外楽しい。
水晶やらメノウなど貴石がザックザク。
すぐに小袋がいっぱいになりました。

値段が値段なので、粒ぞろいではないけれど、楽しいしちょっとしたお土産にはいいかなって思いました。
 
奥様の宝石すくいの模様

dogポイント!駐車場は滝上の方がオススメ。歩く距離やお店の数がかなり違います。

その後昇仙峡から湯村温泉方面へ10分ほどのドライブです。
湯村温泉は街中なので海や山の温泉とは雰囲気が違います。
コンビニもたくさんあるので逆に便利かもしれません。
手ぶらで行ってもいいくらい。

でも、 さすが皇族御用達の常磐ホテルです。
敷地に入ると別世界の和空間が広がります。
吹き抜けガラス張りのロビーからは青々とした広いお庭が広がり、木々や橋もあり離れは一軒家のように広く、池にはカモの親子が優雅に泳いでいます。

いつもの旅行で聞き慣れた子供達の騒ぎ声とも無縁で、遠くで蝉の音がする静かで重厚な空間でした。

ロビーとお庭 お部屋

お部屋は西館のお部屋で12畳+4畳+広い玄関でした。
もしかして自宅の敷地より広いかもって言われてしまいましたweep
館内やお部屋の掃除も行き届いており、丁寧な対応のフロントや客室係の方も素晴らしい。

女性だけの好みの浴衣の貸し出しがあると聞いて早速ロビーへ。
派手なのから地味なのまでいろいろあります。
気に入った黄色系の浴衣を受けとって大浴場へ。

広くて開放感のあるここの浴室は客室数から考えても明らかにオーバースペック。部屋数の割に広すぎます。
きっと満館になっても混雑とは無縁だなと思いました。

ぬるめのお湯は猫舌で猫肌の私好み、ついつい長風呂になってしまいます。
湯村温泉のお湯は痛み系や皮膚疾患に良いらしいですよ。

大浴場 露天風呂

食事はお部屋で1品ずつ出てくる本格的なもの。
この手の食事は写真向きじゃないんですよね。一品ずつ撮ると貧相に見えてしまします。
ということで写真は割愛です。
約2時間かけて上品なコースをいただきました。

翌日は車で約15分のサントリー登美の丘ワイナリーへ。
ここも家族旅行とは無縁で、ちょっぴり大人の空間は我ながらベストなチョイスでした!

dog ポイント!見学は無料ですが、前日までの予約制なのでご注意ください。

ワイナリー ワイナリー

醸造エリア、保管庫は撮影禁止なので写真はありません。

案内の方からたっぷりとうんちくを学んだあとはワインショップの試飲コーナーへ。
ここでは残念ながらドライバーは飲めません。

直営売店には、1本5万円以上もする超の高級ワインから、千円台のテーブルワインまでたくさんの種類があります。
ここでしか買えない限定ワインもあってショッピングも楽しいです。

お値段はスーパーなどよりもやや高めですが、すべて元詰めワイン(葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行う)なので外国産に比べると安心して買えますよね。

このワインショップではテイスティングもできます。
一本数万円のワインも1杯2000円だとか、グラスがお土産とは言えちょっと手が出ませんな。

一般庶民である家内は、1杯200円~300円の中級のワインを飲んでいました
結局ワイナリーイチオシの登美の丘2005を購入!1本3,167円なり

水道もブドウ? レストランからの眺めも最高 登美の丘2005

併設するテラスレストランで洒落たランチ。
葡萄畑を見下ろす最高のロケーション+美味しいランチで1000円台は安いです。
数千円しても不思議ではない空間なのにサントリーさんは太っ腹ですね。
※メニューはサントリーホームページでご確認ください。

ワインの酔いも旅の余韻も醒めやらぬまま、合宿の帰宅時間に間に合うように急いで帰りました。
合宿のバスが到着。「ただいま~!」「おかえりー」 (こっちもただいま~)

spa 湯村温泉常磐ホテルの詳細情報と空室状況のご案内
pc PCサイトから  mobilephone携帯サイトから

memo常磐ホテルのデータ

客室数:50室 収容人数:250名 全室温水便座
客室設備:TV 冷蔵庫 金庫
提供品:タオル 歯ブラシ カミソリ クシ シャンプー リンス 化粧品 浴衣 丹前 バスタオル
お風呂:大浴場 露天風呂
種別:天然温泉 泉質:塩化物硫酸塩泉
適応症:慢性皮膚病 慢性婦人病 きりきず 糖尿病 高血圧症 動脈硬化症 神経痛 筋肉痛 関節痛 慢性消化器病他
アクセス:甲府駅から湯村行バス15分。甲府駅からタクシーで10分。車では中央道甲府昭和ICから25分。

今回お世話になった施設<外部リンク>
湯村温泉 常磐ホテル サントリー登美の丘ワイナリー

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ページの先頭へ