旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 沖縄美ら海水族館 4時からチケット発売 | トップページ | 北欧 カナダ アラスカのオーロラツアー 2008-2009 »

2008年10月27日 (月)

種子島宇宙センターに行くには

種子島は、鹿児島沖の大隅諸島の種子島東南端にあり極端に起伏の少ない平べったい島です。
そんな理由で種子島宇宙センターはロケット発射には向いているのかもしれませんね。

種子島と聞くと歴史の授業で習った鉄砲伝来のイメージが強いと思いますが、個人的には紫芋で作った種子島焼酎が絶品でマイブームです。
 
種子島宇宙センター ヤクスギランド
 
種子島に行くには、鹿児島から飛行機が1日3往復、高速船が10往復程度、フェリーが2往復運行されています。
さらに種子島宇宙センターへは、港や空港からバスやタクシーで1時間以上かかります。

宇宙センターには個人で行って見学することも出来ますが、やっぱり添乗員同行のツアーで行くのが一番便利です。

paper ご注意

※種子島宇宙センターの見学は無料ですが、施設案内ツアーは事前予約制です。
※打ち上げ予定の前後は、見学ができなかったり、島内の宿泊が関係者で埋まっていたりします。

下記に種子島関連のツアーと宿泊をご案内します。

airplane種子島へのツアー 羽田発着
airplane種子島へのツアー 名古屋発着
airplane種子島へのツアー 大阪発着
airplane種子島へのツアー 九州発着

spa種子島の宿泊はこちら
パソコンサイトから
携帯サイトから

mobilephone携帯からご覧いただいている方へ!
ツアーの紹介ページはPCサイトのみの提供になります。

<参考>JAXA 種子島宇宙センター とは?

旧宇宙開発事業団の発足とともに設立された種子島宇宙センターは、総面積約970万m3にもおよぶ日本最大の宇宙開発施設です。

鹿児島の南、種子島東南端の海岸線に面しており、世界一美しいといわれているロケット打ち上げ射場です。
センターでは、ロケットの組み立てから打ち上げまで、衛星の最終チェックからロケットへの搭載までを行っており、日本のロケットや人工衛星の打ち上げを担う施設です。

施設内には、小型ロケット打ち上げ射場と大型のH-IIAロケット打ち上げをする大崎射場があり、液体ロケットエンジンおよび固体ロケットの地上燃焼試験を行う開発設備も備えています。
人工衛星打ち上げまでの一連の作業、打ち上げの秒読み作業、発射後の追尾等の作業などを行い、実用衛星打ち上げの役割を果たしています。
※種子島宇宙センターのページから部分引用しました。

コメント

田邊様 問い合わせありがとうございます。
観光中心のツアーは12月で一旦終了して、来年の2月から再開になります。↑記事内の商品を入れ替えました。1月の設定が無いのも打ち上げスケジュールの関係かもしれません。(これは未確認の情報です)

航空券+ホテルのプランは通年ございますのでそちらでご検討いただければ幸いです。
商品名は「WiLL九州」発着地、便名と宿泊を自由に組合せが出来ます。
※WiLL商品は予約方法と計算が複雑なためインターネットやメールではでは受け付けておりません。お近くの当社グループの窓口でご相談をお願いいたします。

名前: ツアープランナー | 2008/11/19 17:06:32

種子島ロケット打ち上げツアー はありませんか?2009.1月21日に予定されてる、打ち上げに見学に行きたいのですが。予定変更(打ち上げ延期)も含めて、最長1月25日までの予定で見積もりいただきたい2名参加で願います。

名前: 田邊 雅史 | 2008/11/19 12:55:17

この記事へのコメントは終了しました。

ページの先頭へ