旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 旅行占い トラベル占い 2009年4月 | トップページ | 高速道路が上限1000円になります »

2009年3月23日 (月)

立山黒部アルペンルートのツアー

小説「黒部の太陽」でお馴染みの黒四ダム建設にまつわる話が、先日フジテレビ系でドラマ化されご覧になった方も多いと思います。
今回は立山黒部アルペンルート(黒部ダム)と黒部峡谷鉄道についてのお話と旅行プランのご案内です。

黒部ダム 黒部平

立山黒部アルペンルート・黒部峡谷に行くには? flairアルペンルート豆知識はこちら!

bus ツアーで行く

手配も簡単でお値段的にもお得です。
添乗員がご案内する旅とキップやクーポンを事前にお渡しする個人旅行型のツアーがあります。

【添乗員同行のツアー】
旅行行程の管理やご案内、観光やお食事のが含まれる事が多いのでコストパフォーマンスは抜群。参加者は観光に専念できるので写真やお買い物も気兼ねなく楽しめます。

【個人旅行型のツアー】
パンフレットで設定した行程をあらかじめご用意したチケットをもって観光していただきます。プライベート感覚の旅でもお値段は団体旅行並でお買い得です。お食事や観光が別になっていることが多い。

立山黒部アルペンルートのツアー(各地発着)

ticket 個人で行く(宿泊プラン)

近畿日本ツーリストの窓口などで、渡航内容を相談してキップや宿泊の予約をします。
宿泊だけならインターネット予約も便利です。
個人旅行はオーダーメイドになるのでお値段は高めですが、自由な行程が組めます。

ルートの途中で宿泊したり途中折り返しのコースも大丈夫!
マイカーなら回送サービス(長野県扇沢駅~富山県立山駅)で手ぶら観光も出来ます。
※アルペンルートは自然保護のためマイカーの乗り入れは出来ません。

宿泊や日程も自由に決められるので、他の観光地に立ち寄ったり個人的なプランを含めることも可能です。
おすすめは、松本・安曇野周辺の観光と組み合わせた2泊3日のドライブプラン。
富山側なら、トロッコと北陸の温泉の組合せが良いでしょう。中部方面からは下呂や白川郷とセットにしても良いかもしれませんね。

※アルペンルートは15名以下の場合は予約不要ですが、混雑しますので余裕をもったルートで計画をおすすめします。

spaアルペンルート・黒部峡谷周辺の宿泊
富山側のお泊まり 大町側(長野)のお泊まり

<参考記事>
立山黒部アルペンルート 2010年の営業開始

室堂 関電トロリーバス

flairアルペンルート・黒部ダム・黒部峡谷の豆知識

アルペンルートは立山駅(富山)から扇沢(長野)までの山岳観光ルートですが、そのなかでも黒部ダム(黒四ダム)抜きでは語れません。
ちょっとマニアックですが、黒部ダムに関する情報です。

黒部川沿いには関西電力や北陸電力のたくさんの発電所があります。
その中でも最も奥でかつ最大の発電所が関西電力黒部川第四発電所(通称黒部ダム)になります。

映画やドラマの黒部の太陽でもお馴染みの関電トンネル(大町トンネル)では、長野側から黒四ダム建設のために掘り進んだ5.4kmのトンネル工事のお話です。

中央部の破砕帯による崩落と湧き水で多くの犠牲者と困難を極めた工事となりました。
現在でもトロリーバスに乗っているとの難航した工事の説明と実際の破砕帯の場所で一旦停止してご覧いただくことが出来ます。

実際の工事内容ついては映画やドラマでご理解いただけますのでここでは割愛します。
ちなみに黒部ダム(黒四ダム)の展望台下のくろよん記念室でも模型や映像で工事の様子が紹介されています。
息子はここの記録映像で知っていたので、今回のドラマの放映では食い入るように見てましたよ。

さて、この関電トンネル(大町トンネル)ですが、じつは黒部ルートという1本の道筋で黒部峡谷鉄道(富山側)とつながっているのをご存じですか?

黒部峡谷鉄道の出発地の宇奈月温泉(富山)から終点の欅平までは一般の運行路線になっていますが、欅平には2つの駅があり内部はエレベーターで繋がっています。(もちろん列車ごとが乗れるエレベーター)

そこから先は「関西電力黒部専用鉄道(昭和38年全通)」となっており関電関係者のみ利用できる路線になっています。

このトンネルはドラマ内でも紹介された灼熱地獄の超高温区間で、160度にもなる岩盤を掘り抜いた作業員の沢井甚五郎(國村隼)が語っています。当時の過酷な掘削の模様は吉村昭作の「高熱隧道」で描かれています。

関電黒部専用鉄道の終点の黒四発電所前からはインクライン(産業用ケーブルカー)で上部駅、そこから約10kmの黒部トンネルを抜ける(上る)と関電トンネル(大町トンネル)の黒部ダム駅に抜けられるんです。

黒部トンネル内は舗装されていますが、横抗が多く巨大迷路のようなのだとか。
もちろん観光用のトンネルではありません。

黒部ルート(欅平駅~黒部ダム駅)は一般の方は通ることは出来ませんが、年に数回だけ関西電力が主催する「黒部ルート見学会」に申し込めば通れるかもしれません。(ちなみに抽選です)

長野県側の扇沢から富山県側の宇奈月温泉まで、険しい山岳地帯を人間の手で20km以上のトンネルを掘り抜いた歴史を思い浮かべながらアルペンルートを観光すれば美しい景色の感動もまたひとしおかと思います。

<参考>外部リンク
立山黒部アルペンルート
黒部の太陽(フジテレビ)

2009年のシーズンは下記のスケジュールで運行を開始します。
北アルプスにもようやく春が訪れます。

train 黒四ダム・アルペンルート
2009年4月10日(金) 一部開通
2009年4月17日(金) 全線開通(11月末まで)

train 黒部峡谷鉄道
2009年4月20日(月) 一部開通
2009年5月 1日(金) 全線開通 (11月末まで)

コメント

五日市様 コメントありがとうございました。

アルペンルートは予約が複雑なため、バスツアー以外の個人型ツアーはインターネットではお取り扱いしておりません。
恐れ入りますが、お近くの近畿日本ツーリストグループの窓口でご相談をお願いいたします。

宿泊プランはこちらの記事で紹介しています。

名前: ツアープランナー | 2010/04/22 10:31:34

個人型ツアーで黒四雪の大谷、上高地散策と2泊3日で東京から新幹線で4人で行きたいのですが、切符宿泊の手配などできますか、また一人いくらになりますか

名前: 五日市 満翁 | 2010/04/21 9:02:46

コメントを書く






トラックバック

※誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的などのトラックバックを防ぐために、 投稿された全てのトラックバックは一時的に保留されますのでご了承ください。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155555/44443877

この記事へのトラックバック一覧です: 立山黒部アルペンルートのツアー:

» 黒部の太陽トラックバック Akira's VOICE
フジテレビ開局50周年記念ドラマ。前・後編の感想。 続きを読む

受信: 2009/03/24 12:56:20

» 黒部の太陽、後編トラックバック 一言居士!スペードのAの放埓手記
黒部の太陽ですが、破砕帯なる障害のためにトンネル工事は捗りません。従業員同士の喧嘩なども起こりますが、工事で家にも帰れず家庭崩壊する事務員などもいます。 後半は恋愛などトンネル以外のシーンも多かった気はします。(以下に続きます) ... 続きを読む

受信: 2009/03/24 15:47:29

» 黒部の太陽・後編トラックバック ita-windの風速計
■黒部の太陽・後編「史上最悪の難工事!!男達の執念が不可能を打ち破る!ついに感動のクライマックス!!」フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画原作/木本正次脚本/大森寿美男監督/河毛俊作http://wwwz.fujitv.co.jp/kurobe/index.html-------------------------------...... 続きを読む

受信: 2009/03/24 17:06:50

» 黒部の太陽 後編 太陽だよね???トラックバック レベル999のマニアな講義
フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽・後編『史上最悪の難工事!! 男達の執念が不可能を打ち破る!ついに感動のクライマックス!!内容黒四計画における重要な“大町トンネル”のトンネル工事でついに、破砕帯にぶつかってしまった現場の倉松(香取慎...... 続きを読む

受信: 2009/03/24 18:22:34

» 黒部の太陽 原作トラックバック インスタントなニュース
黒部の太陽新装版商品価格:1,470円レビュー平均:5.0 黒部の太陽(後編)黒部の太陽(後編)を前日に続き、観ました♪ 香取信吾もいい味出してはいましたが、挿入されるCMが「味の素」「SHARP」で、 明るく元気な信吾ちゃんなので・・・いまいち入りきれません(-_-) 裕次郎のような、重さが出ないんですよね。 ...(続きを読む) 立山黒部アルペンルートへ行こう!2009映画やドラマの黒部の太陽でもお馴染みの関電トンネル(大町トンネル)では、長野側から黒四ダム建設のために掘り進んだ5.4kmの... 続きを読む

受信: 2009/03/25 0:24:36

» 【大町・「黒部の太陽」いよいよ放送】トラックバック 季節の話題 (長野県内の市町村)
フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画「黒部の太陽」(原作・木本正次)が、3月21日と22日の二夜連続で放送されます。放送時間は何れも午後9時から。 <管理人ひとこと> 昭和43年2月に公開された映画「黒部の太陽」。石原裕次郎(石原プロモーション)と三船敏郎(三船プロダクション)の当時の大スター二人が出演する映画として有名。監督は長野県出身の熊井啓さん。 <参考HP> ・ 大町市ホームページ   http://www.city.omachi.nagano.jp/ ・ 立... 続きを読む

受信: 2009/03/29 20:05:09

ページの先頭へ