旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 関西のホテルに泊まって商品券を当てよう | トップページ | 家族やカップルで楽しむ 貸切風呂のある宿 »

2011年9月20日 (火)

ボーイング787就航記念ツアー受付開始

近畿日本ツーリストでは、話題の最新鋭旅客機ボーイング787型の11月1日の就航を記念して、787型機を使ったツアー“ANAで行く!ぐるっと満喫山陰山陽 3日間”を発売しました。

注目の最新鋭の機体に搭乗することが出来る注目のツアーです。

当初は、羽田-岡山/広島の運行になるため、旅行先は見どころいっぱいの山陰/山陽です。

ボーイング787イメージ 出雲大社

camera このツアーの見どころは、

・最新鋭機ボーイング787に搭乗(往路または復路)
・出雲大社・八重垣神社(縁結びで有名なパワースポット)
・松江市内自由散策(松江城・小泉八雲記念館など)
・広島観光(平和記念公園・原爆ドーム)
・安芸の宮島(2012年大河ドラマ「平清盛」ゆかりの地)
・宮島では紅葉に遭遇出来る可能性も!(例年11月中旬~下旬)

airplaneボーイング787就航記念!
ANAで行く!ぐるっと満喫山陰山陽 3日間
 (羽田空港発着)
設定期間:2011年11月4日~2011年12月27日
旅行代金:42,800円~

penボーイング787型機とは?

ボーイング787は、中型のワイドボディに低燃費のエンジンを搭載し、15,000キロの航続距離を実現しました。機体の約35%の製造を日本企業が担当しており、純国産ならぬ準国産とでも呼べる飛行機です。

新素材(複合材)による軽量化ボディ、高い天井、広い窓には電動日よけ、ゆとりの収納スペース、低燃費で清音のエンジンなど省エネ性能を追求した次世代の飛行機です。

快適さにもこだわっており、地上に近い室内気圧、空気清浄・加湿機能、洗浄シャワー付きトイレにはなんと窓が付いてます。
※通常の飛行機は富士山の五合目あたりの気圧ですが、787型では三合目付近の気圧で快適だとされています。

<参考記事>
ボーイング787型機 就航記念ツアー Part2

コメント

コメントを書く






トラックバック

※誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的などのトラックバックを防ぐために、 投稿された全てのトラックバックは一時的に保留されますのでご了承ください。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155555/52782656

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイング787就航記念ツアー受付開始:

ページの先頭へ