旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« ゴールデンウィークの宿泊・国内ツアー2012 | トップページ | 首都圏ウィークデー スペシャルパスポート 2012 »

2012年3月14日 (水)

東京に泊まる 東京まち歩きのススメ

近畿日本ツーリストでは、全国各地の地域情報と宿泊プランを1冊にした、ガイドブックのようなパンフレット“みちしるべ”を発行しています。

今回は最近注目されている“江戸 東京・埼玉”を紹介します。

みちしるべ江戸では、東京都内や周辺の人気スポットはもちろんのこと、隠れた名所を発掘できる提案型のパンフレットです。

book 例えば、

・大人のための社会科見学(防衛省・国立博物館・日本銀行など)
・大名庭園・江戸城・洋館巡り
・東京スカイツリーと下町情緒(浅草・両国・深川)
・下町の路地散策(谷中・根津・千駄木)
・銀座・日本橋の近代文明を歩く
・名所が目白押し大田区まち歩き・・・・など

記事としては書ききれないほどのこだわり特集が掲載されています。
パンフレットというよりもむしろガイドブックと言った方が良いくらいです。
これほどの情報が近畿日本ツーリストグループの窓口で無料で入手できます。

search みちしるべ江戸・東京・埼玉 デジタルパンフレットを見る (PC環境推奨)
みちしるべ江戸・東京・埼玉 Clickでデジタルパンフレット起動

flairその中でもおすすめしたいのは、大田区まち歩き特集の企画です。

大田区観光課・大田区観光協会の協力のもと、当社のスタッフが実際に歩いて確かめた町歩きマップになります。
JR大森駅から都営西馬込を経由して散策する馬込文士村の2~4時間半程度のルートは試す価値アリです。
テレビ番組の{ぶらりなんとかの旅}を地で行くようなミニツアーとなっています。

歴史ある古寺、昭和の文化発信地、恵みの海などみどころがいっぱい。
池上本門寺や海岸部まで足を伸ばせば大満足の半日となるでしょう。
(下記から散策マップが取り出せます)

わたしも今度の週末には歩いてみようと思います。

大田区まち歩きマップ PDFファイルで開く

pencil みちしるべ江戸 東京・埼玉の宿泊プラン一覧
設定期間:2011年10月1日~2012年3月31日
パンフレット概要:江戸文化の名残を求めて、また古き良き時代の東京の面影を探して…。また、自然が豊富な秩父・長瀞、大島・八丈島などの離島へ。多彩な旅館・ホテルをご用意した宿泊プランです。

foot 大田区まち歩き解説のページ

<参考サイト>
みちしるべWEB

コメント

コメントを書く






トラックバック

※誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的などのトラックバックを防ぐために、 投稿された全てのトラックバックは一時的に保留されますのでご了承ください。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155555/54222286

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に泊まる 東京まち歩きのススメ:

ページの先頭へ