旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 史上最強の夜景ホテル企画が誕生しました | トップページ | 2012大晦日は東京ディズニーリゾートで年越ししよう »

2012年10月 1日 (月)

東京駅赤レンガ駅舎がリニューアル

国の重要文化財である東京駅の赤レンガ駅舎(丸の内駅舎)が、5年間にもわたる復原(復元)工事が終わり、10月1日にリニューアルオープンしました。

空襲で焼け落ちた南北2つのドームも復原され、およそ100年前のオリジナルに近い姿に戻りました。

今回のプロジェクト名“東京駅丸の内駅舎保存復原”の文字からもわかるように、当時の材料と技法を使って補修するのが「復原」、現代の材料と技法を使って補修するのが「復元」と呼ぶらしく、歴史ある駅舎への強い想いとメッセージが込められているのが伺えますね。

東京駅丸の内駅舎全景

先日、時を同じくして10月3日にグランドオープンする、東京ステーションホテルの内覧会にお邪魔する機会がありましたので、あわせてご案内いたします。

東京ステーションホテルは、丸の内駅舎の上部を利用して運営されるもので、南北2つのドームを取り囲むお部屋や、すぐ側を線路やホームがあり、手が届くような環境など、駅内ホテルならではの雰囲気が随所に漂います。

以前の東京ステーションホテルは、やや時代を感じる独特な雰囲気でしたが、新しい東京ステーションホテルは、最新の設備なのに暖かみのある造りが魅力的です。
木や土、石をふんだんに使った贅沢な造りに高い天井など、上品な家具や内装と相まってレトロな雰囲気の中にもキラリと光る新しさがあります。

お部屋(クラシッククイーン)の一例 お部屋(パレスサイドスーペツイン)の一例

ただ駅に直結する便利なホテルではなく、ミシュランガイドではありませんが、「泊まるために旅行をする価値があるホテル」とでも表現するに値するホテルとなっています。

リニューアルに伴い、多少価格帯も上がっていますが、上昇分以上に満足いただけること間違いなしです。

pen東京ステーションホテル(宿泊プラン)

mobilephoneスマートフォンから
mobilephone携帯サイトから

新しい駅舎は、毎晩9時までライトアップされています。夜の駅もきっとステキですね。

ロビーのイメージ

コメント

コメントを書く






トラックバック

※誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的などのトラックバックを防ぐために、 投稿された全てのトラックバックは一時的に保留されますのでご了承ください。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155555/55790981

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅赤レンガ駅舎がリニューアル:

ページの先頭へ