旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 韓国現地情報をお伝えします (6/30現在) | トップページ | ニュージーランドといえば羊・・・他は何があるの?? »

2015年7月 3日 (金)

マイナスの世界を体感&オーロラ観賞!

こんにちは。
日本ではこれから盛夏を迎える季節となりましたが、
近畿日本ツーリストでは早くも冬のオーロラ商品が
続々と発表される時期になりました。
そこで、2回にわたってカナダ・イエローナイフでの
冬のオーロラ観賞についてご紹介いたします。

今回は、一年で最も寒い1月末~2月の
カナダ・イエローナイフの様子(2015年)をお届けいたします。

まず、イエローナイフの空港airplaneへ降り立つと、早速クマの剥製sign03がお出迎えしてくれます。
Photo

極北の地、カナダ・イエローナイフの冬は、
昼間でもマイナス10~20℃は当たり前!
-40℃wobblyになることも珍しくありません。
体感温度は、温度計の表示よりマイナス5~10℃になるそうです。
Photo_2  Photo_3

ニュージーランドでは、人間より羊ariesの数が多いと言われておりますが、
ここ、イエローナイフでは人間より湖の数が多く
冬は全て湖面が凍ってしまいます。
このため、このように冬季は湖面が一般道路として利用される所があります。
Photo_4

ここは、その名も「アイスロード」と呼ばれており、
ホリデイ商品ではイエローナイフ市内観光で訪れることができます。

ナンバープレートも粋なデザイン。
Photo_5

日本のものが味気なく感じますね;

凍った湖面が一部見えますが、この下は湖が広がっているなんて・・。
Photo_6

そんなマイナスの世界では・・・
その昔、とあるオイル会社のテレビCMで有名になったあのシーン、
まさにバナナbananaで釘を簡単に打つことができちゃいます!
オーロラの観賞施設・オーロラビレッジでは、
実際にスタッフが凍ったバナナや果物で実演して
くれたり、カップcafeに入れたお湯を振りかざして
空中で瞬時に凍らせてみたり、「一度この目eyeで見てみたかった!
という極北ならではのデモンストレーションがあります。

どんだけ寒いの?とご心配の方もおいでと思います。
バナナで釘が打てる寒さでも、
こんな防寒着と使い捨てカイロがあれば、大丈夫です!
ホリデイなら防寒着の貸出が含まれるコースも沢山あるので心配ご無用です!

Dsc00568

さてさて肝心のオーロラですが・・・。
今回はここまで。

次回はオーロラ観賞についてたっぷりお届けします。
8月中旬頃にアップ予定ですので、お楽しみに♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

年末年始にオーロラを見にカナダへ行こう!

あったかオーロラ観賞3回付! 319,000円~

⇒ コース詳細はこちら

コメント

コメントを書く






ページの先頭へ