極寒の地、イエローナイフ..." />

旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 飛鳥Ⅱにおためし乗船体験!? | トップページ | まだまだ知られていないオシャレタウン”台中”の宮原眼科 »

2015年8月14日 (金)

マイナスの世界を体感&オーロラ観賞!第2弾

こんにちは。
7月の始めに、カナダ・イエローナイフの様子をお届けいたしましたが
今回はオーロラ観賞についてご紹介いたします。

前回の記事はこちらからどうぞ。paper


極寒の地、イエローナイフへ到着し、いよいよオーロラ観賞へ。
頭上に広がった世界は、まさに夜空に堂々とはためく光のカーテンshine

1


一度出現したオーロラは、瞬時にその色・形をどんどん変えていきます。
その光景は圧巻・感動!coldsweats02
決して寒さのせいだけではない鳥肌が前身を覆う、このなんともいえない感覚。
言葉を失うほどの神秘的な自然現象が頭上に広がります。

ちなみに、月の光が邪魔するのでは?
と心配される方もいらっしゃいますが、
上の写真のようにたとえ満月が出ていても全く問題なしnote
写真撮影では月の光が助けてくれることもありますし、
満月とオーロラが同時に見られるなんて、かえって幻想的ですよねshine

こんなマイナスの世界でも、ホリデイにてご参加のお客様には
防寒着をちゃんとご用意しておりますのでご安心をconfident


その他、防寒対策としてご自身でご用意いただくと便利なものをご紹介!

spa使い捨てカイロ
どうしても手の指先やつま先など
体の末端から冷えていきますので、
特に靴下に貼るタイプの使い捨てカイロがあるととても重宝します!

spaデジタルカメラのバッテリーと密閉袋
バッテリーは寒さに弱いため、どんどん消耗していきます。
ご利用の際は気をつけてくださいね。
予備のバッテリーも持っていれば安心good
カメラが結露で濡れてしまわないように、
密閉できる袋(ジッパー付ビニール袋など)に入れて保管されることをおすすめします。
バッテリーが濡れている状態で電源を入れるとショートして
撮影データが消えてしまうこともあるので要注意です!danger



オーロラが出現するまでは、この「ティーピー」と呼ばれるテントの中で待機します。

2

このティーピーとは、カナダ先住民が居住用として利用していたテントの事で、
中には暖炉があり、温かいお飲物cafeも用意されています。
オーロラが出始めたらスタッフがお声掛けしますので、
それまでこのティーピーで暖を取ってゆっくりお過ごしくださいねwink

3 4
upwardrightティーピーの中はあったか♪

ティーピーにはお菓子などもお持込いただけますので、
旅の準備の際にはお忘れなく!scissors


冬のイエローナイフへ来たら
もちろんオーロラ観賞がメインイベントになりますが、
その他、普段の生活では体験することのできない
マイナスの世界もぜひ実感してみてください。

気づいたらまつ毛が凍っていたりcoldsweats02
リュックの脇に差しておいたペットボトルの中身が
いつのまにか氷になっていたり・・・wobbly
北極イワナのお寿司も味わうことができますよ!restaurant

5


そうそう、日中に街を散策する時も
容赦なく冷気が全身に舞い込んできますので、
耳まで隠れるぐらいの帽子耳あてをご用意くださいねflair
是非、オーロラ観賞で人生に感動体験を!happy01


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


<11月~3月出発>
オーロラを見にいこう!プラン一覧はこちらからflair >>



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


airplaneその他のオーロラを見に行くツアーを見る>>

コメント

コメントを書く






ページの先頭へ