旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

【発売開始】プレミアムフライデーを楽しもう!

プレミアムフライデー
利用して楽しめる
金曜日出発の
海外ツアーをご用意しました♪

1spnspne0009

ちなみに良くある "TGIF"という表現、
「神様ありがとう今日は金曜日!」という意味です。
いわゆる「はなきん」ですね。

1spnspnb0159
Pf

プレミアムフライデーの
プラン一覧はこちらをクリック!

クアロア・ランチ ジップライン・ツアー

本日は、今話題になっている!クアロア・ランチのアクティビティ、

 「ジップライン・ツアー」をご紹介します!

1 


ジップラインは、ワイヤーロープを滑り降りるスリリングなアクティビティ。


クアロア・ランチでは、カアヴァ渓谷に7本のジップラインが設営されています。

クアロアに到着すると、まず日本語での説明を受け、

案内書と同意書を確認します。

2


そのあと、ヘルメットなどのジップラインの装備を身につけ、


バスでカアヴァ渓谷奥へ移動します。

(バス乗車後のガイドは、2017年1月時点では、英語のみです。) 

渓谷奥のスタート地点では、改めてスタッフから説明があります。
 

3


そして、空中散歩へ出発です。


4


クアロア・ランチのジップラインは、最短60メートル、最長400メートルの7本。


高低差は最も高いところで30メートル。

ラインの移動には、このような吊り橋をわたったりもします。


5


乗り継いでいく、それぞれのラインの出発点からも、

クアロアの大自然を楽しむことができます。 

6_2 

ジップラインの所要時間は、ビジター・センター出発から、

帰着まで2時間半から3時間ほどのツアーとなります。

 

クアロア・ランチでは、ジップライン以外にも、

「ジュラシック・パーク」などのロケ地を巡る映画村ツアーや


四輪バギーツアー、乗馬ツアーなどを体験することもできます。
ハワイの大自然を体験できる、クアロア・ランチ・アクティビティは、

ホノルル発のお勧めのオプショナル・ツアーのひとつです。

 

 

sunおすすめフリープランのコースはこちらsun

spade空港⇔ワイキキ間の往復送迎バス付
diamondレインボートロリー・レインボースカイが乗り放題
club人気ホテルをラインナップ
 
春スペシャルハワイ 成田発  6日間



Blog168_125
スタッフのブログはこちら >> 

airplaneハワイへ行くツアーを見る>>

2017年1月27日 (金)

【バリ島】企画担当が行って良かったバリ島でおすすめのサンセットバー2選!

美しい海を眺めながら波の音に耳を傾け
ゆったり過ごす…ビーチリゾートならではの醍醐味。

そこにサンセットと美味しいお酒があれば
これほどの贅沢はありません!!!

今回は企画担当が行って良かったと思う
サンセットバーを2軒ご紹介します
good

①ロックバー
Photo
今やバリで人気の観光スポットになっている
アヤナリゾート&スパ」内にあるバー。
名前の通り海にせり出した岩の上に作られています。

大変人気のバーなので夕暮れ時は大混雑sweat01
バーへはケーブルカーを使って岩場を降りるように
作られているのですが、
このケーブルカー待ちで行列が発生します。

Photo_2

Photo_3

(ケーブルカーからの眺望)

サンセットは19時前後ですが、
17時までに入場されることをおすすめしますflair

私は早目に入場したおかげか、まだ席に余裕があり
アヤナリゾート宿泊者限定のバーがある
トップデッキ席を利用することができましたlovely

周りに日を遮るものがないので、
サンセット待ちの間は日傘を貸してくれます。

そして待ちに待ったサンセット
Photo_4

この日は雲が多かったのですが、
ピンク色に染まる空を眺めることができましたshine

また、夜もムーディーな雰囲気で素敵ですnote
Photo_5

danger人気のバーですが、バー利用での座席予約は
行っていない
ので余裕をもって出かけてくださいsign01

また、VIP席であるラウンドデッキは
18名のアヤナヴィラ宿泊者専用席となっており、
その他のゲストは利用できませんのでご注意ください。

今回私が注文したのが
Rock my world」と「Rockitoというオリジナルカクテルbar
Photo_6
どちらも柑橘系の甘さがすっきりと飲みやすく
女子におすすめ、暑いバリにぴったりでした。

どちらも1杯約2,000円とお値段は張りますが、
このロケーションは他にないので
バリ島に行った際はぜひお試しください!

◆ロックバー
住所:Jl. Karang Mas Sejahtera, Jimbaran,
Bali 80364, Indonesia (AYANA Resort and Spa Bali)
営業時間:1600100 (金・土曜は200まで営業
)


②ラ・プランチャ・バリ
バリのトレンド発信のエリア、スミニャック地区
おしゃれな雑貨やファッションアイテムを取り扱う
ショップが立ち並び、散策がメインなエリアとして有名ですが、
このエリアはビーチ沿いもアツいんですupup

今回紹介したいビーチバーがこちら、
La Plancha Bali(ラ・プランチャ・バリ)です。
Photo_7

カラフルなビーズクッションがずらっと
ビーチに並ぶ可愛いカジュアルなバーcute

普通のパラソルではなく寺院などで目にする
カラフルな傘を使用しているところも
エキゾチックなバリらしくて素敵!

思わずSNSにあげたい!と感じさせる
フォトジェニックな空間ですscissors

残念ながら17時頃に入場したら
既に席は満席crying
散策だけを楽しみました。

客層を見るとローカルや欧米人が多い印象です。
ロックバーに比べカジュアルな雰囲気
海の家のように利用するのが良いかもしれませんflair

スミニャックビーチで見るサンセットはこちら!
Photo_8
広々と続くビーチの前に沈む夕日…絶景ですsun

そして何よりもカラフルなバーの空間も
日が落ちるにつれて印象を変えていきます。

Photo_9

Photo_10

パラソルのライトが点灯すると幻想的な空間に変化しますsign01

お店の外もこんな感じで可愛らしい雰囲気なので
バリのトレンドを楽しみたい
女子旅やカップルにおすすめですnote
Photo_12

◆ラ・プンチャ・バリ
住所:Pantai Seminyak, Jalan Pantai Camplung Tanduk Bali
営業時間:7001
00

世界三大夕日の一つにもあげられるバリ島のサンセット。
ウルワツ寺院やタナロット寺院など、
他にもおすすめのスポットはたくさんあります。
こちらはまた次の機会にご紹介したいと思いますヽ(´▽`)/


airplaneバリ島へ行くツアーを見る>>

建国150周年のカナダ発祥の地!プリンスエドワード島★赤毛のアンを訪ねる1日観光徹底解説!★前編★

2017年はカナダ建国150周年の記念の年!
カナダ全土が祝賀ムードでいっぱいです。

なかでもプリンスエドワード島は、
建国の為の会議が行われた都市で
カナダ発祥の地と言っても過言ではない?!

そんなプリンスエドワード島で有名なのが
「赤毛のアン」の物語です。
プリンスエドワード島出身の作者
「ルーシー・モンド・モンゴメリ」が描いた作品は
島の美しい景色shineを余すことなく描いていますlovely


そんな「赤毛のアン」と「モンゴメリ」にまつわる場所を観光する、
赤毛のアンを訪ねる1日観光」を詳しくご紹介します!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

900頃 ホテルまでガイドさんが迎えに来てくれます。
車に乗り込みまずは北海岸を目指します!

ホテルのあるシャーロットタウンから、
北海岸までは約30分のドライブsign05car

車窓に広がるのどかな景色もツアーの楽しみです。

まず訪れるのは『キャベンディッシュ ビーチ』です。

国立公園内にあり、可愛いお花が咲く小路を抜けると
赤土の崖が広がります。
青い空、青い海、赤い土…
プリンスエドワード島ならではの景色です。

柵がないので落ちないように気を付けながら、記念撮影camerashine
1

次にモンゴメリのお墓』へ
春~秋のシーズンは地元の婦人会の方々が
かわいいお花できれいに飾ってくれています。

2

モンゴメリのお墓の近くには、
モンゴメリの祖父母とお母様のお墓もあります。

続いて『キャベンディッシュ合同教会』と、
グリーンゲイブルス郵便局』へ

キャベンディシュ教会はモンゴメリが
夫のマクドナルド牧師に出会った教会です。

グリーンゲイブルス郵便局では
「赤毛のアン」と「モンゴメリ」にまつわる展示があり
等身大のモンゴメリさんとの記念撮影も可能ですgood

また、この郵便局でポストカードを投函すると
特別な消印を押してもらえますsun
ツアー中にはがきを出せなかった場合はガイドさんにお声かけください!
お預かりして、後日投函してくれます!
(別途切手代が必要です)

そして観光のハイライト!
グリーンゲイブルス』です!
3

物語の舞台となった「緑の切妻屋根の家」には
アンやマリラ、マシューの部屋が再現されています。

物語に登場する小物もたくさんありますので、
ぜひ探してみてください。
4

お家の周りにはもちろん、『恋人の小径』や『お化けの森』もあります。

5
散策をしていたらアンやダイアナの声も聞こえてきそう…


グリーンゲイブルスでの散策の後はお昼ごはんrestaurant

プリンスエドワード島の名物『ロブスター』です!
お1人様にまるごと1匹のロブスター
6

付け合せは島の名産のジャガイモ
パンもホカホカでおいしい!!

さらにデザートはストロベリールバーブパイや
ブルーベリーパイなど各種パイから
お好きなものをお選びいただけますup

プリンスエドワード島らしい素朴なスタイルですが、
甘酸っぱくてみずみずしくて…おいしい~!!
(現地事情によりメニューは変更となる場合がございます。)

満腹~wink

後編に続きます…


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

おすすめツアーはこちら↓

airplaneプリンスエドワード島とケベックとモントリオール 7日間   379,000円~

airplaneプリンスエドワード島と滝の見える部屋に泊まるナイアガラ&カナディアンロッキー 8日間   339,000円~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

airplaneその他のプリンスエドワード島へ行くツアーを見る>>

2017年1月25日 (水)

シェムリアップでリフレッシュ!自然に癒されるプノンクーレンに行こう!

シェムリアップといえば、ぱっと思い浮かべるのは
王道のアンコールワットですよね!
Photo

アンコールワットはもちろんおすすめですが、
その他のおすすめ観光スポットをご紹介!

アンコール発祥の地と呼ばれる聖なる山「プノンクーレン
シェムリアップ市内から車で約1時間半のところにある
自然の中にある観光スポットです。

プノンクーレンはシェムリアップ市内を流れる川の水源でもあり、
聖なる山から生み出す聖なる水不思議な力があるとされ、
今も参拝者が多くいますflair


おすすめポイントone 水中遺跡 千本リンガ
Photo_2
(写真提供:クロマーマガジン)

他の遺跡たちとは異なり、
水中にある遺跡は必見eyepaper


おすすめポイントtwo マイナスイオン感じる2段の滝
Photo_3

現地の方のピクニック場所として人気ですscissors
雨季は緑色が映えて美しいスポットですnote

Photo_4
水遊びしている家族や中には修行している方もsign01


おすすめポイントthree パワースポット 巨大涅槃像
Photo_5

巨大な一枚岩の頂上に掘り起こされた
大きな涅槃像sign03
パワースポットしても注目されていますup

cuteぷち情報cute プノンクーレンのおすすめ果物banana

Photo_6

そう!バナナ!
赤いバナナなんて珍しいっbananabanana

プノンクーレン山でしか取れないバナナなんですsign03
バナナ好きは食べるしかないですね~good

Photo_7
プノンクーレンに行く途中に
いくつかバナナ販売所bananaがあり、

そこで手に入れる事ができますhappy01


美味しいと評判なのですが、
実際に私の食べたバナナはまだ早かったのか
すごく甘い!というわけではなかったです・・・catface

せっかくなら旅の思い出に
試食してみてはいかがでしょうかhappy02shine


一度は行きたい世界遺産アンコールワットはもちろん、
今回ご紹介させていただいたプノンクーレン、
赤いバナナを一度に楽しめるツアーをご用意scissors

リフレッシュしたい方、カンボジア2度めの方にもおすすめです!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

airplane秘境アンコール 絶景・秘境!アンコール遺跡を歩く 5日間   149,000円~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

airplaneその他のアンコールワットへ行くツアーを見る>>

2017年1月24日 (火)

ホノルル・ワイキキ横丁の天丼専門店♪

1月20日にワイキキ横丁にオープンした「金子半之助」へ
行ってみました。

1

「金子半之助」は、東京日本橋に本店を
構える
天丼専門店

行列に並んででも食べたい天丼屋として
話題になっているとか。

2



お店の奥のガラスの中で揚げられた、天ぷら
いただくことができます。

3

メニューはシンプルで「天丼」と
「天ぷらプレート(定食)」のみ。

種類も、プレミアム(松)、スペシャル(竹)、
海老、レギュラー(梅)
の4種類。

4



種類によって天ぷらの種類や量
が異なります。

 

テーブルには2種類の薬味が置いてあり、
自由に小皿に取って食べることができます。

5



この日は、レギュラーの天丼と味噌汁
をオーダー。

味噌汁は別オーダーで$1.50の追加になります。

 

ウエイトレスさんが「中の半熟卵を
割ってご飯に混ぜて食べたら美味しいですよ」
と英語で言ってくれました。

6



よく見ると
野菜や海老の天ぷらの下に熟卵の天ぷら
がのっていました。

この半熟卵天ぷらは金子半之助の名物だそうです。

箸で割ると、とろ~りと黄身が出てきたので、
ご飯に混ぜて食べました。

天ぷらもサクサクで、秘伝のたれも甘すぎず、
天ぷらとの相性もばっちり!
すごく美味しかったです。

 

お値段はランチもディナーも同じ金額
揚げたての天ぷらですので、リーズナブルだと思いました。

 

ワイキキ横丁には、旭川ラーメンの「梅光軒」

7


そのとなりに東京に本店のある「バリオ」

8


豚骨つけ麺の「つじ田」の三店のラーメン屋さんもオープンsign01

9


カレーの「忍人(にんにん)」もオープンしましたので、
こちらも、にぎやかになっていきそうです。
notes


sunおすすめフリープランのコースはこちらsun

spade空港⇔ワイキキ間の往復送迎バス付
diamondレインボートロリー・レインボースカイが乗り放題
club人気ホテルをラインナップ
 
春スペシャルハワイ 成田発  6日間



Blog168_125

スタッフのブログはこちら >>

airplaneハワイへ行くツアーを見る>>

2017年1月17日 (火)

担当者おすすめホテル IN ハワイ☆ザ・カハラ・ホテル&リゾート

ソニー・オープンが開催されていたワイアラエ・カントリー・クラブの
すぐ近くにオアフ島のラグジュアリー・リゾートのひとつ
「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」があります。


1

建物は高層ではありませんが、伝統ある落ち着いた造りです。

2

車寄せから入ると大きなシャンデリアがさがる広いロビー。
左側がフロントになります。

3

ロビーには、ケースに入ったハワイ王朝時代の衣装が飾られています。

4


ロビーの海側は、アフタヌーン・ティーや軽食を提供する
ラウンジ「ヴェランダ」になっています。

5

ホテル内レストラン
「ホクズ」は夕食専用の
メイン・ダイニング。世界の美味しさを融合した
フュージョン・メニューを提供しています。
6

「ホクズ」の前の階段を下りると、「プルメリア・ビーチ・ハウス」

7

朝食から夕食まで営業していて、テラス席もあるレストランです。

「プルメリア・ビーチ・ハウス」の横の通路から屋外へ出ると、
いくつものプールがあります。

8


カハラに滞在すると、
イルカと触れ合うプログアム

体験することができます。

10

こちらでは、イルカがヒレの間でボールを運んでいました。

11



車寄せの横には、ワイキキにもあり人気のイタリアンレストラン

「アランチーノ・カハラ」もあります。

12

にぎやかなワイキキとはまた違ったハワイを楽しむことができる

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」。

機会があったらぜひ宿泊してみてください。

 

ribbonおすすめコースはこちらribbon

プルメリア・ビーチ・ハウスでの毎朝食付restaurant

成田発  ザ・カハラ・ホテル&リゾート6日間



Blog168_125

スタッフのブログはこちら >>

airplaneハワイへ行くツアーを見る>>

2017年1月11日 (水)

中国・北京の「前門大街」散策がおすすめ☆

中国と言えば有名な「天安門広場」や「万里の長城」などを
思いうかべる方も多いのではないでしょうか。

今回は先日私が訪れた
「天安門広場」の南側に位置する「前門大街」をご紹介scissors

前門大街とは伝統的な老舗店やレストランが集まる商店街ですsign01
街のいたるところに赤提灯がぶらさがっていて
THE チャイナタウンという風景を味わうことができますeye

この日はちょっとスモッグが多かったので
空が曇っていましたが・・・こんな雰囲気ですdownwardleft
Photo

路面電車subwayも走っていましたsign01
Photo_2

Photo_3

いたるところにお菓子屋、お茶屋、
飲食店、雑貨屋などが立ち並んでいますflair
Photo_4

飴細工のお店を多くみかけましたup
Photo_5

大通りから少し外れると
お土産がたくさん売っている
細い商店街のような場所がありますdownwardleft
Photo_6

ここには、なんとなく見覚えのあるキャラクターが。
(でもなんだかおかしいような・・・笑)
Photo_8

子供用のチャイナ服も売っていて
とってもかわいいサイズheart02lovely
お土産にもよさそうですよね!
Photo_7

この「メイソウ」というショップは
日本の100円ショップのようなお店で
様々な雑貨が10~15元でゲットできますgood
Photo_9

ちょっとしたばらまき土産にはぴったりですよねsign01
(お店のロゴや名前がなんだか日本で見たことあるような・・・笑)


大通りに戻ると日本でも多く展開している
欧米系ファストファッション店やコーヒーショップなどもありますconfident

中国のレトロな雰囲気の中にも
流行ショップがあり、楽しく散策ができますnote


この「前門大街」は2008年の北京オリンピックの際に
大規模な修繕工事が行われ、
整備されたエリアに変わったそうですconfident


ぜひ北京に行ったら「前門大街」で
街ぶらを楽しんでみてくださいねヽ(´▽`)/shine


ちなみに・・・
街で見かけた公衆電話telephoneはこんな感じでした(笑)
日本との違いがおもしろいですよね~flair
Photo_10



今回ご紹介した「前門大街」は
下記コースにてお楽しみいただけます♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

airplane専用車・専用ガイドがご案内 北京 3日間   109,000円~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

airplaneその他の中国へ行くツアーを見る>>

2017年1月10日 (火)

冬のホノルルはホエールウォッチングの季節です!

冬のハワイはホエール・ウォッチのシーズン


1_2
(写真提供スター・オブ・ホノルル・クルーズ&イベンツ)


今回は、「スター・オブ・ホノルル号」のホエール・ウォッチ・ランチ・クルーズ
をご紹介します。

参加した日は、まぁまぁのお天気でクジラを間近にみることができました。

乗船すると、まずはクジラの生態についての説明を受けます。

2


その後、船上での自由行動のあとに、ビュッフェの昼食。
メニューはポキや各種サラダにお魚に照り焼きチキンrestaurant

4


5


ローストビーフなと、内容も味も満足good

6


食事のあと、「くじらが見えます」とのアナウンスで
デッキに出ると、尾びれや背びれ、
そして潮吹きを見ることができました。

7_2



8


この日は比較的よくクジラが見えた日だったようですhappy02

クジラを見物したあとは、アロハ・タワーへ向かう船内で、
ハワイ文化体験として レイ・メイキングやフラ・レッスン
を受けることができます。

10


日本ではクジラを近くで見るのはなかなかできないことですが、
ハワイでは12月~3月に、オアフ島・マウイ島・ハワイ島で、

気軽に参加できるホエール・ウォッチ・クルーズが催行されますので、
ぜひ参加してみてくださいsign01

ディナークルーズでもクジラが現れることもありますsign03


スター・ディナークルーズ付のコースはこちら

ローカルグルメとワイキキの夜を楽しむ

まんぞく×2 ホノルル
成田発6日間  羽田発6日間



Blog168_125

スタッフのブログはこちら >>

airplaneハワイへ行くツアーを見る>>

2017年1月 5日 (木)

【初売りタイムセール】2017年1月5日11:00からスタート

さて、年末より開始しております

近ツーの初売り ですが、

本日2017年1月5日(木)
  
11:00より

 

タイムセールを開催します!

  
Index_main07


日本全国の旅館が
505382_20161101191405656
  
ホテルが
505381_20161101191340849
  
お得な価格です!


こちらをクリックして
特集ページをご覧ください!

よろしくお願いします

2017年1月 1日 (日)

【謹んで新年のご挨拶を申し上げます】

あけましておめでとうございます。

Main

皆さまにとって素晴らしい1年に
なりますようお祈り申し上げます。
    
さて、今年はどこへ旅しましょう?

行きたかったあの街、
Im_photo_s_01

あの国へのご旅行は
13512135_1286129641398503_614689473

近畿日本ツーリストへ
ご相談ください。

初売りも開催中です!お見逃しなく。
  
新春初売り&おすすめ商品は

こちらをクリック
 
年始における公式ホームページ営業のご案内

こちらをクリック

旅行券が抽選で当たる!新春初売りキャンペーン
こちらをクリック

さらにその先は・・・
こちらをクリック

今年もよろしくお願いいたします!

ページの先頭へ