旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« 2017年11月 | トップページ

2017年12月15日 (金)

日頃のご褒美♪シンガポールでプチセレブ体験

風も冷たくなり、外出にはコートが必要な時期になってきましたね。
身体の芯から温まりたいと思い、無性に鍋料理が恋しくなる季節。

こんな季節のごほうび旅行におすすめしたいのは
シンガポールですsign03

赤道直下のシンガポールって、実はと~っても暖かい国なんですsun
少し前に携帯電話会社のCMから火がついたシンガポールブームですが
治安が良い!街がきれい!と評判で
海外旅行先の中でも安心して渡航できる国として
ここ約7年もの間、高い人気が続いています。

さて、シンガポールの特徴といえばなにを思い浮かべるでしょうかsign02

まず1つ目は、日本とシンガポールをつなぐシンガポール航空ですよね。

世界的にみても高い評価を受けている航空会社
数々の受賞歴もあるんですよ。

毎年行う世界の航空会社格付け調査「エアライン・オブ・ザ・イヤー2017」では
シンガポール航空はなんとshine2位shine
同調査の「ワールド・ベストビジネスクラス2017」でも堂々の3位を受賞しており
質の高いサービスが評価されているんですhappy02


そんな航空会社のビジネスクラスでプチセレブ体験してみましょうnote


まず機内食は超豪華shine

ウェルカムシャンパンから始まり、厳選されたワインセレクション、
そして世界的にも著名なシェフが監修したメニューは
…機内食とは思えないレベルの高さheart02

ビジネスクラスなら空港滞在時にラウンジも利用することができます。

4sgpsinh0076

4sgpsinh0069


特にシンガポール空港では充実したビュッフェ料理やドリンク、
さらにシャワー室もあり、心地よく出発することができます。

4sgpsinh0074


もちろんビジネスクラスのシートはゆったりシートflair

4sgpsinh0073


通常のエコノミークラスでは足をのばせず
窮屈な思いをしている方が多いと思いますが、
ビジネスクラスなら足をうんと伸ばしても
前の座席にあたることはありませんhappy02up

一見小さなことに聞こえますが
それなりにフライト時間が長い場所へ行くときは結構重要ですよね。

しかもうれしいことに、スライド式のリクライニングなんですsign01

4sgpsinh0037_3


シートが後ろに倒れる事がないので
後ろの席の人に気をつかう必要がありませんよshine


さすがに赤道直下までのフライトとなるので所要時間は片道約7時間…
でも、こんな豪華なサービスが用意されていたら
「たったの7時間しか体験できないのsign02」と思わず感じてしまいますwink



シンガポールの特徴2つ目は、マーライオンとともにシンガポールの
シンボルとなりつつある複合型のリゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」

4sgpsina0028


シンガポール人気もこのホテルとともに上がってきましたが
やはりきっかけはあのCMでしたね…lovely

某アイドルが歩いていたホテル屋上のインフィニティプール
(プールサイドの境目がなくまわりの景色に溶け込んでいるかのようなプール)は
なんと全長150msign01
宿泊者だけが味わえる高さ200mからの景色はまさに“プチセレブ”感満載shine

なにより一番おすすめしたいのが
このプールサイドから観る夜景なんですmoon3
高層ビルが立ち並ぶシンガポールのネオンを独り占めsign01という感覚になりますよ。

4sgpsina0103

4sgpsina0106


このホテルにはエンターテインメントもたくさんあるんですup

カジノや高級レストランの数々はもちろんのこと
イベント広場で毎晩開催される光と噴水のショー「ワンダフルショー」
そして隣接した「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には
ホテルの外にある連絡橋を渡っていくことができ
こちらも毎晩「ガーデンラブソディーショー」というショーが開催されていますnote

4sgpsinc0064


テレビ番組などでも紹介されることの多いアラブストリートの香水ショップや
ユニバーサルスタジオ・シンガポール、
そして迫力のあるナイトサファリなどなど
シンガポールにはまだまだご紹介したい場所がたくさんflair

東京23区と同じくらいの広さで
国の面積としては小さいシンガポールですが
楽しんでいただけるスポットはいっぱいありますhappy01note
今の時期にまさにおすすめの旅行先ですよ。

母娘で、気のおけないお友達同士で、カップルで、
ぜひシンガポールを訪れてみてはいかがでしょうかsign02

******************************************

【セントレア空港発】
シンガポール航空ビジネスクラスで行くシンガポール 4・5日間

朝食付フリープラン
4日間はこちら  5日間はこちら

市内観光&夜景満喫&選べる観光&ディナー付プラン

4日間はこちら  5日間はこちら

******************************************

2017年12月11日 (月)

2018年もやります!近畿日本ツーリストの初売り!!

2018年もやります!近畿日本ツーリストの初売り!!
 
W_hatsuuri

平成30年の節目に感謝をこめて、KNTメンバーズクラブ会員のみなさまを対象に、賞品総額300万円のプレゼントキャンペーンを行います!

初売りのスタートは、2018年1月4日です。まずは予告ページを今すぐチェック!
 
【初売り】予告ページはこちらをクリック

2017年12月 4日 (月)

美しく便利な「世界遺産カレンダー」の魅力

毎年ご好評いただいている近ツーオリジナル「世界遺産カレンダー」
  

1

このカレンダーの一番の目玉は、数々の世界遺産を美しく切り取ったビジュアル。

ですが、そこ以外にもおすすめしたいポイントがたくさんあるんです。
本日は近畿日本ツーリスト「世界遺産カレンダー」の魅力に迫ります。
 
  
  
では、「オーストリア ザルツブルク市街の歴史地区」を映した2月を例にご紹介していきます。

2


【1】あると便利!前月と翌月のカレンダー入り!

3

これがあるものとないものとは、だいぶ便利さが違います。
壁掛けの大きなカレンダーをめくったり、手帳やスマホで確認したり。それをしなくてすむのって、1年で回数を考えると…やっぱり"うれしい"ですよね。

【2】六輝は特に気になる「大安」「友引」のみ!

4_2

冠婚葬祭の日取りを決める際、多く方が気にする「六輝」。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口…すべてに意味がありますが、ここは多くの方が気にする2つのみを記載。
文字が少なくすっきりとしたデザインにしています

【3】記入スペースは広々!

5

壁掛けカレンダーって書くスペースが小さい…なんてことも少なくありません。
世界遺産カレンダーは1マスの枠が「縦4.2センチ×横6.5センチ」もあるからとっても広々!
家族1人1人の予定を記入ができるので、月の予定もひとめで把握できますね。

【4】毎月世界遺産に行った気分に!

6

2月はオーストリアの世界遺産を紹介しています。オーストリアは公用語がドイツ語。
だから2月も「Februar」。月~日の曜日もドイツ語で記載されています。
世界遺産の地図や詳しい説明もあり、行きたい気持ちが刺激されますね。
    
美しい写真だけではなく、毎年沢山の方にご好評いただいているカレンダーには"理由"がありました。
  
来年の世界遺産カレンダーのご購入は12月17日(日)まで。
近畿日本ツーリストが選んだ世界遺産で2018年を楽しんでみませんか? 

  
お申込みはこちらをクリック

ページの先頭へ