旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« アンコールワット スーパーで買えるお土産紹介 | トップページ | 2018年もやります!近畿日本ツーリストの初売り!! »

2017年12月 4日 (月)

美しく便利な「世界遺産カレンダー」の魅力

毎年ご好評いただいている近ツーオリジナル「世界遺産カレンダー」
  

1

このカレンダーの一番の目玉は、数々の世界遺産を美しく切り取ったビジュアル。

ですが、そこ以外にもおすすめしたいポイントがたくさんあるんです。
本日は近畿日本ツーリスト「世界遺産カレンダー」の魅力に迫ります。
 
  
  
では、「オーストリア ザルツブルク市街の歴史地区」を映した2月を例にご紹介していきます。

2


【1】あると便利!前月と翌月のカレンダー入り!

3

これがあるものとないものとは、だいぶ便利さが違います。
壁掛けの大きなカレンダーをめくったり、手帳やスマホで確認したり。それをしなくてすむのって、1年で回数を考えると…やっぱり"うれしい"ですよね。

【2】六輝は特に気になる「大安」「友引」のみ!

4_2

冠婚葬祭の日取りを決める際、多く方が気にする「六輝」。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口…すべてに意味がありますが、ここは多くの方が気にする2つのみを記載。
文字が少なくすっきりとしたデザインにしています

【3】記入スペースは広々!

5

壁掛けカレンダーって書くスペースが小さい…なんてことも少なくありません。
世界遺産カレンダーは1マスの枠が「縦4.2センチ×横6.5センチ」もあるからとっても広々!
家族1人1人の予定を記入ができるので、月の予定もひとめで把握できますね。

【4】毎月世界遺産に行った気分に!

6

2月はオーストリアの世界遺産を紹介しています。オーストリアは公用語がドイツ語。
だから2月も「Februar」。月~日の曜日もドイツ語で記載されています。
世界遺産の地図や詳しい説明もあり、行きたい気持ちが刺激されますね。
    
美しい写真だけではなく、毎年沢山の方にご好評いただいているカレンダーには"理由"がありました。
  
来年の世界遺産カレンダーのご購入は12月17日(日)まで。
近畿日本ツーリストが選んだ世界遺産で2018年を楽しんでみませんか? 

  
お申込みはこちらをクリック

コメント

コメントを書く






ページの先頭へ