旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« ベストシーズン到来のウユニ塩湖!朝と夜の絶景を見られる「塩のホテル」 | トップページ | 【東急ハンズ × KNT-CTホールディングス コラボ企画】スーツケースの伝道師が、ツーリズムEXPOジャパン2018にやってきた! »

2018年11月13日 (火)

ワイキキでアサイー・ボウルを食べ比べ

ハワイで
朝食や休憩の時のおやつとして
人気のあるアサイー・ボウルは
お店によって、素材や盛り付けが
いろいろ。

そんなアサイー・ボウルを
食べ比べたスタッフから
レポート!

まずは、1番人気の

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー。

1

1人では食べきれないほどのボリューム!
味も絶妙なバランスが取れていて最高。
豆乳が入っているため、とてもクリーミーで
ほかのお店のアサイーとは
一味違う感じがします。

2

ロイヤル・ハワイアン・センター
のお店は朝から行列、
席も限られています。

テイクアウトもできるので、
近くのビーチで食べるのも
おススメです。

 

次はアロマ・カフェ。
ワイキキには2つお店がありますが、
オハナ・イースト・ホテル店は
フロントへ上がるエスカレーターの
クヒオ通り側にある階段を上がった
ところです。

3

アサイーは見た目がとてもかわいく、
ココナッツの食感も楽しく、
ボリュームも満点です。

4_3

味はどちらかというとさっぱりめ。

コーヒーと一緒にゆっくりと食べたい方

におススメです。

ちなみにワイキキ・ビーチコマーのお店
の内部はこんな感じ。
とてもおしゃれな内装です。

5

続いて、女性に大人気の
ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル。
ここも、いつも行列です。

6

このお店のアサイーはフルーツも
たっぷり。

これもさっぱりしたアサイーなので
食事のあとのデザートとしてもGood!

O0330045014299918518

ハワイアンフードのロコモコのあとに、
デザートにアサイー。
一つのお店で、ヘルシーな
ハワイアンテイストが楽しめます。

 

ゴリラインザカフェは、
ワイキキのバンクオブハワイのビル
にあります。

7

8

シンプルな盛り付けのアサイーは、
個人的にはもう少しハニーが
ほしいかな、という感じです。

9

冷たすぎるのが苦手!
という方にはおススメできる、
ちょうど良い温度感。
こちらも濃厚というより、さっぱりめ
でした。

 

クヒオ通りのフードパントリー
東側のスペースは、
現在、フード・コートになっており、
ここにダ・スポットがあります。

このお店のアサイーの魅力は
何といってもコスパのよさ。

10_2

アサイー・ボウルは

10ドル前後のお店が多いのですが、
ここのアサイーは、
シェアにもぴったりのビッグサイズで
お値段は6ドル。
グラノーラがおいしく、
かぼちゃの種なども入っていて
ヘルシーです。

トッピングのフルーツは、
いまいちな場合もありますが、
それでもお値段を考えれば
充分満足できます。

 

ダ・スポットからも近い、
クヒオ通りのカイウラニ通りとの
交差点の先に、
ハワイアンクラウンプランテーション
があります。

O0330047014300385946

このお店のアサイーボウルは
カカオニブがのっているのが特徴的。
よく熟れたパイナップルとの相性も
よく、何かアクセントのある
アサイーが食べたい人におススメ。
味は、さっぱりめでした。

11

店内には、L字型のカウンターがありますが
イートインスペースは大きくはないので、
時間によっては、お店の外に
並んでいる人も多いです。

 

ハイアット・リージェンシーの裏側、
コア通りとウルニウ通りの北東角にある
ショア・ファイヤーは、
お手頃価格でハワイの味が楽しめるお店。

12

この日は朝食として、アサイーと
パンケーキをオーダー。

このアサイーは“ハワイ”という感じで、
マンゴーやパイナップル、
ココナッツロングがトッピングされています。

13

ハワイらしいアサイーを食べたい方に、
おすすめです。

 

(トッピングや金額等は、2018年11月時点のものです)



ハワイの最新情報を更新中

 Blog168_125
スタッフのブログはこちら >>

airplaneハワイへ行くツアーを見る>>

コメント

コメントを書く






ページの先頭へ