イベント名に馴染みがない方もいらっしゃる..." />

旅行情報ならツアープランナーのここだけの話

« ☆販売中☆『世界遺産カレンダー』 | トップページ | 新・情報サイト「旅する地球」 »

2018年11月 1日 (木)

一瞬の絶景!台湾「平渓天燈祭」で感動体験をしてみませんか?

こんにちは!

今日は、ライターの私が今まで訪れた海外のイベント(お祭り)で
最も感動した平渓天燈祭(ピンシーてんとうまつり)をご紹介しますsign01

イベント名に馴染みがない方もいらっしゃると思いますが
こちらの写真を見ると「あっ!」と気づかれるのではないでしょうか?


2



「この景色どこかで見かけた気が・・・」


塔の上のお姫様で有名な、某人気アニメ映画のワンシーンを思い出す方も
いらっしゃるのではないでしょうかsign02


そう、あの景色は現実世界で見ることができるんですshineshine


Photo


天燈祭は、毎年旧暦の1月15日(旧正月から14日後)の
元宵節(げんしょうせつ)に行われる台湾の伝統行事です。

天燈を飛ばして先祖へ平穏無事を告げ、
一家のご加護を祈ることから始まったとされています。

その元宵節は、2019年は「2月19日」にあたりますflair


Photo_2


この天燈というのは、大きな紙袋状の内部を熱することで上昇する
熱気球のようなもののことで、
英語ではスカイランタン、チャイニーズランタンとも呼ばれます。
また一説には三国志に登場する軍師・諸葛亮孔明が通信手段として
発明したともいわれることから、孔明灯とも呼ばれています。



この天燈に願い事を書いて、中から火を灯したら、一斉に空へと飛ばしますup


Dsc02329


大勢で一斉に飛ばすので、一度に約200個もの天燈
ゆっくりと夜空へと舞い上がりますshine


天燈は熱された気圧とのバランスで
ぶわっという音と共に上昇し、一気にスピードアップdashdash


視界が無数の天燈で埋めつくされ、そして、真っ黒な夜空が
オレンジの小さな光(実際には炎の色)で満たされていく・・・


これはごくわずかな時間で、天燈はあっという間に
風に吹かれながら空の彼方に消えていきますconfident



まさに一瞬の絶景!!




Photo_3



台北から東へ車で約1時間のところにある山里、平渓郷で行われるのですが
夜空に舞い上がる天燈の幻想的な風景に惹かれて
毎年、海外からのツアー客も含めて数十万人におよぶ人々が集まります。


天燈上げを体験するにはチケットが必要なのですが
例年倍率が高くwobbly入手するには当日朝早くから並ばなければなりませんsweat01


でも、ツアーに参加すればそんな苦労はありませんよsign01shine
気楽に、たっぷり天燈祭をお楽しみいただけますlovely


Image


会場には三脚を立てて“撮る”専門の人たちもたくさん来ていますが
実際に参加した私としては、ぜひイベントに参加して
ご自身で打ち上げていただきたいところですnote


自分が上げる番が来る間にほかの参加者が上げた天燈を
眺めるのも非常に美しいのですが、
自分の願いをこめた天燈が手を離れて
空高く上がっていくまでの景色には、
真下にいた人しか味わえない感動がありますcatface


ぜひ、今度の平渓天燈祭で体験してみてくださいshineshine

-----------------------------------------------

【中部(セントレア)発】 平渓天燈祭に参加!台湾
diamond2月18日(月)出発 3日間 99,800円~121,800円
>>詳しくはこちら

diamond2月17日(日)出発 4日間 111,800円~142,800円
>>詳しくはこちら
 
diamondJAL利用コースもございます
>>詳しくはこちら

-----------------------------------------------

コメント

コメントを書く






ページの先頭へ